風太郎の「D」な日々  大岡裁きだ

_DSC2678b.jpg


目からウロコの「落合復帰情報」が出てから1週間余り。その間飛び交うリーク報道の嵐。

世紀の愚行「優勝監督落合解任」から2年、ちょろいチームに成り果てたドラゴンズを救うのはもはや落合復帰

しかあり得ないと考える風太郎にとって、身も細る日々であった。


GM       落合博満
ヘッドコーチ   森繁和
監督兼選手    谷繁元信


遂に決まったようだ。何故に「落合監督」でない、と当初怒りを覚えたのだが、詳細が分かるにつれ、これは

中日新聞の古狸、白井オーナーの稀代の大岡裁きでは、と思えて来た。

落合が総監督(GMはそういう立場と理解する)、彼が指導者として信認する谷繁を監督、盟友森繁和をヘッド

に据え、現場の落合体制を確立。反落合色の強い名古屋財界、タニマチ衆向けにはあくまで谷繁を「顔」とする

事で黙らせる。返す刀で2年前の暴挙を仕組んだ無能な反落合一味をバッサリ一掃して反乱の芽を潰すとは、

快哉を叫ばずにはいられない。ここまでマスコミを騒がせた上に、谷繁監督の「勝負所マスク」、「代打オレ」

等、見せ場も充分となれば来年のナゴヤドームは大入り間違いなしで営業的にも◎。


白井オーナー、御年85歳だそうだがよくここまで仕組んだもの。 good job!


谷繁は古田の失敗例もあり不安が無くはないが、落合がそうだったように投手の事は森ヘッドに一任、シーズン

を通した戦略、試合を離れた迷い事は落合に任せ、目の前の試合指揮とプレーに専念すれば無理はないと思う。

名将落合の下、ここは控えめに帝王学を身に付けよ。


ああ絶望の1年は無駄では無かった。ドラゴンズの明日が見えて来たぞ、嬉しいなあ。


しかしこの1週間の情報戦ときたら。

要は中日新聞内部の落合派・反落合派の内紛なのだが、当然ながら中日新聞がダンマリを決め込む中、両陣営に

よるまるで逆方向の情報リーク合戦に振り回された各新聞社はたまらんだろうなあと。

中日新聞もやられて来ただろうからお手の物かも知れないが、マスコミの世界の食えない内幕も見た気がする。


落合は類い稀な戦略思考で、勝率1厘差で優勝する1年間のストーリーボードを組み立てろ。森は「投手王国再建」

はもちろんの事、(既に行ってるらしいが)キューバあたりから(安くて)物凄い助っ人を連れて来い。

谷繁はブレイク真近な若手を今度こそホンモノに。もちろんアンタの後継者もだ。白井オーナー自ら「貧乏球団」

と言っちゃったが、貧乏球団がどう巨大戦力を倒すのか、その様を日本中に見せてくれ。


「解任」への抗議のため2年間封印していた「ナゴヤドーム」にも行かない訳にはいくまい。


ああ来春が待ち遠しくてたまらん。

 


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/10/09 22:27 ] 風太郎の「D」な日々 | TB(0) | CM(8)

谷繁

風太郎さま

江の川高校時代からええキャッチャやなーっと、べた惚れだったので
気持ち複雑、敵将になるとは・・・。
でも、電関人の場合はセはついで、男の野球はやはりパかな。
[ 2013/10/10 07:18 ] [ 編集 ]

GMとはなんぞや

この人事を読み解く鍵は、日本プロ野球界に
存在しないGMをどう理解するか、ですね。
かつて広岡がGM職に任じましたが、1年そこらで
瓦解しましたしね。
近くは映画「マネーボール」でGMビリー・ビーンを
描いていましたが、昔かたぎのスカウト連が
やめるシーンがありましたね。
果たして?
ナゴヤドームに行っちゃいますか?
[ 2013/10/10 10:38 ] [ 編集 ]

こんにちは

一報を聞いて驚きましたねえ
思い切ったというか さすがです・・・
オーナーは、なんとかしなきゃっていう気持ちを、手早くちゃんとびしっとカタチにしたというか・・・気持ちがいいですね
ファイターズも(JR北海道もだけど・・・ぼそっ)見習ってほしいですね、そこんとこ
谷繁選手はオトコ気があって、好きな選手のひとりです 監督としての采配、来季の中日が楽しみです

あ、でもなにげにネット見てびっくりでしたが、鶴岡捕手は持って行かないで~・・・
[ 2013/10/10 13:17 ] [ 編集 ]

谷繁

狂電関人さま

すいませんねえ。こういうネタにも付き合ってもらって。

谷繁と言えば広島出身ながら地元高校の受け手が無かったとか、
自分の名前の「繁」を漢字で書けなかったとか、その手の伝説が多いですが、
いまや「理論派」ですから、世の中は分からないものです。

未知数ですが、落合が「いい指導者になる」とお墨付きを与えているそうです。
落合、森と濃い人達に囲まれて大変ですが、どう「我」を出すのか注目したいと思います。
[ 2013/10/10 20:55 ] [ 編集 ]

こんばんは

落合GM体制、羨ましい限りです。
阪神ファンの私としては、このまましばらくドラゴンズには眠っていてほしかった訳ですが...。
うちは来年Bクラスが確定したようなものです。

今年の阪神、2位を躍進と言う人がおられますが、
私的には決してそうは思っておりません。
勝負所での采配ミスが目立ち、それで落とした試合は多数。Bクラスでなかったのが不思議なくらい。
もちろん、CSも全く期待できません。
[ 2013/10/10 22:08 ] [ 編集 ]

GM

マイオさま

さすがに鋭いご指摘。確かにGM職の位置付けは気になりますね。
落合は自らGM職を申し出たとの事。彼の意図を察するに、
まず「ユニフォーム組の責任」と「背広組の責任」を明確化する事ではないかと。
ユニ組は「野球の勝ち」に責任を負い、背広組は「営業成績」に責任を負うという当たり前の事を。
これは彼自身の、野球の結果より営業成績への責任を問われるという、理不尽な経験から来るものと思います。

そしてGMの役割とは「チームの編成」と言われます。野球の世界ですから編成すなわち選手の人事。
人事権を掌握する事は絶対必要ですが、プロの世界ですから人事=億単位のカネ。
GM制度が瓦解するのは、補強などに必要な法外なカネの要求に背広組が悲鳴を上げるのが主因になるのでは、と考えています。

その点、白井オーナー曰く、落合君には「予算」を渡してある、それは守ってもらう、と殊更に強調。
決して多くは無いはずの「予算」を主題としつつも両者が握ったというのが事実として、
双方の聡明さや固い信頼関係を考えれば、最大のネックに対して水漏れは無いと考えるのですが。

今日の電車の中で、落合・谷繁両船頭で上手くいくのかという大激論を30分近くやっている人が居てムフフと聞いていました。

こればかりはフタを開けなければ分かりませんね。でもこれだけ世論が沸騰するような仕掛けは、何かを変える力を持つと思います。

ナゴヤドーム、行っちゃいますよお。
[ 2013/10/10 22:18 ] [ 編集 ]

恩返し

Jamさま

すいません。中日で手一杯でヨソのチームの事情には疎いもので、なんとも。
でも日ハムも今年の状況では何か手を打ちたいですよねえ。

FA、そんな動きもあるようですね。選手を横取りされる悲しみは分かりますからFA制度は大嫌いです。

思えば4対1、「世紀のトレード」で多くの好きな選手を放出し、
やっとこさ獲った「落合博満」があっさりFAで巨人に行った時の悔しさといったら。
反落合と言われる人々も、実は根っこはそこにあったりするのです。
でも落合は引退後、「中日にはいつか必ず恩返しする」と常々言っていたとか。
本当に恩返ししてくれたのですから、泣ける話です。
イメージとはうらはらに案外浪花節なんですよ、落合って。

巨人で干されている「小笠原」も調査中とか。いい時だけはガッツだサムライだと持ち上げ、
新顔が入ればポイの、「巨人FA」の末路に皆気付くべき。
彼こそ日ハムに帰って有終を飾るべきと思いますがねえ。
[ 2013/10/10 22:40 ] [ 編集 ]

中日ファン歴40年

山岡山さま

重ね重ねこういうネタにお付き合いいただき有難うございます。
中日ファン歴40年、「鉄道」より「写真」より付き合いが長いもので。

来年はとにかく巨人の「弱い者いじめ」を粉砕しなければいけません。阪神も頑張って下さいね。
[ 2013/10/10 22:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/607-9abaad27