日高本線に粘着する  その2      ゆらり

hidaka2201310_299take1b.jpg
   日高本線  厚賀~大狩部    2013年10月




厚別川河口。午後の海原に光零れて、ゆらり、ゆらり。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/10/18 20:50 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

潮騒とイグゾーストと・・・

風太郎さま

どんどん北海道へのイマジネーションが・・・(爆)
[ 2013/10/20 12:08 ] [ 編集 ]

新たな北海道

狂電関人さま

日高本線は学生時代から全くの未見で、
何となく五能線ぽい=北海道ぽくないというイメージが後回しにさせていたのかも知れません。

この年になって新たな北海道の風景を再発見できた気がします。
[ 2013/10/20 16:52 ] [ 編集 ]

風太郎 様

日高本線
北海道苫小牧市の苫小牧駅から様似郡様似町の様似駅を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線(地方交通線)
調べてみました
午後の陽射しを受けて輝く海 それは美しいですね
手前の水面には鉄橋の橋桁だけではなく僅かにではありますが 列車の反映が見えます
列車左手にある船 
右手にあるのは海鳥でしょうか・・・
銀色かのように輝く海を背にた列車のシルエットが印象的です
[ 2015/08/22 07:03 ] [ 編集 ]

波のシルエット


りらさま

こういうシルエット写真は銀塩時代は難しいものでした。
ラチチュードが極端に狭いので、背景に露出を合わせれば列車は真っ黒に潰れます。
肉眼で見る分には手前からの照り返しもあるので多少列車の塗装とかも分かります。
そんな微妙なところもレタッチを含めれば再現出来るようになりました。デジタルのお蔭です。

ゆらりと寄せては返す波の風景に時を忘れるようなひとときが好きです。
[ 2015/08/29 19:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/611-7212d2e7