原始の森

asoshirakawa1.jpg
   南阿蘇鉄道  立野  第一白川橋梁   1988年


鉄道橋としては屈指の名橋だろう、熊本の第一白川橋梁。

足場を立てられず、この絶壁の両側から少しづつ鋼材を伸ばして真ん中で繋いだという先人の苦労も偲ばれる。

この鉄橋の魅力は62mという高さもさることながら、列車が吸い込まれるような深い深い原始の森だろう。

垂れ込めた山霧がさらに幽玄な雰囲気を添えてくれた。



さて、日本シリーズの舞台も福岡へ、ということで九州ネタでいってみました。(前々からの予定稿)

いやCS最終戦、めっちゃいい試合でした。敵ながら館山可哀そう・・・。

問題は今月下旬の「鉄」計画と第6・7戦が被る事なんだよね。

ちゃっちゃと名古屋で決めれば安心してなんだけど、もつれるかなーもつれるだろーなー。



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/63-b7964d8d