日高本線に粘着する  その13     海の回廊

hidaka1201310_341take1b.jpg
  日高本線  厚賀~大狩部    2013年10月




延々と並んだ素朴な木製の柵が、辛うじて波濤の直撃から護っている。

日高拓殖鉄道の時代から数えれば100年近い歳月、列車はこの心細げな回廊を辿り続けた。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/11/12 21:07 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(12)

これだ!

雲と海・・・。
ああ~。こういうところで撮影したいです。
[ 2013/11/12 21:50 ] [ 編集 ]

日がな一日

マイオさま

うん、私もずっと居たい様な場所なのですが、どうも貧乏性ですぐカメラを片付けてバタバタです。
日がな一日一か所で過ごす様な撮影もしてみたいです。
[ 2013/11/12 22:26 ] [ 編集 ]

風太郎様

空と海がキスしているね
強気の海
穏やかな空
反比例するかのようでいて調和しています
やはり お似合いだと感じます

木製の柵が傾いているようです
まるでそれに合わせるがごとくの列車の傾斜
この地にあってこそかと感じます

風太郎様は いつも新たなる刺激
りらに与えてくれますね

有難う・・・・・刺激与え続けて下さいね
[ 2013/11/12 22:50 ] [ 編集 ]

北の海

りらさま

空と海がキスですかあ・・・
色気の無い鉄道写真に似合わぬお言葉です。

今日は穏やかなようで、鈍色の海はやはり北のそれです。空も冬の近さを感じました。
傾いた列車は急カーブだからです。

自然と人間の所作がギリギリのところで妥協する緊張感に惹かれます。
[ 2013/11/12 23:19 ] [ 編集 ]

日高本線

風太郎さま、こんばんは。

海岸線スレスレの鉄路は本当に素敵ですね。
管理・運行する方は大変だと思いますが。

でも、北海道で廃止されることもなく、
運行され続けられるということは、
地域は勿論、JRにとっても必要な路線なんですかね。
まぁ、本線ですものね。
あっ、でも留萌本線はなくなりましたね・・・
[ 2013/11/12 23:31 ] [ 編集 ]

必要とされている鉄道

いぬばしり さま

日高本線、必要かどうかは・・・否でしょう。
沿線には静内のようなびっくりするほどの都会もあるのですが、
並行する国道が整備され過ぎています。乗客は疎らですね。
北海道の支庁が沿線に置かれているのでメンツもあって、というような声も聞こえますが・・・。

私が撮りたいのは日常の鉄道であると同時に「必要とされている鉄道」なので、複雑ですね。

ところで留萌本線はまだありますよね!?
[ 2013/11/13 01:01 ] [ 編集 ]

1線だけで、

風太郎さま

たっぷりと楽しめる日高本線。
うーん、その手前にまだまだ行きたいところが
目白押しで、渡道は何時になることやら・・・。
まずは函館からかなぁ・・・。
[ 2013/11/13 07:09 ] [ 編集 ]

名寄本線

申し訳ございません、間違えました。
名寄本線でした(泣)
[ 2013/11/13 08:50 ] [ 編集 ]

こんにちは

日高の海の波は荒くて 北海道の中では雪は少なくても地震の多いところ
日高路の汽車はいつみても過酷な仕事してますね
いつも線路も車両も潮っぽくて 海沿いの建物も当然ながら潮っぽくて 
海から離れたところでは畑もそんなに広くとれなくって 
馬だってそうそういつも売れないし活躍しないし
農家も過酷 生活するって甘くない
母や母のきょうだい・親族の日高での昔話を聞くたびにその思いを強くしていました

母も昔々通学に毎日利用してた日高の汽車ですが
沿線の高校もどんどん閉校しているようで ますます利用者はいなくなるでしょうね
日高本線がなくなってしまうようなことになる前に
母をもう一度、ふるさとの風景見せに連れていってあげなくては・・・

[ 2013/11/13 10:07 ] [ 編集 ]

噴火湾近辺

狂電関人さま

北斗星、カシオペアもアレでは、この先噴火湾近辺は賑わいそうですね。
無くなってからでは遅いです!万難を排して行きましょう。
[ 2013/11/14 22:11 ] [ 編集 ]

汽車の風景

Jam さま

北海道の人とはいろいろなご縁も出来て、現地の生の声も聞くことが多くなりましたが、
北海道全体の疲弊というより地域格差が拡がっているようですね。
十勝の大規模農業あたりでは随分豪勢な話もあるようで、
同じような一次産業にありながら、なぜここまで差が付くのか、と疑問も湧いてきます。

日高本線、列車の合間に厚賀あたりから内陸部にも立ち寄ってみました。
緑の牧場と鮮やかな紅葉、爽やかな秋風が吹いて、
都会人にとっては天国にいるような気分になってしまうのですが。

「汽車の風景」は昔とあまり変わっていないと思います。あるうちに・・・ですね。
[ 2013/11/14 22:23 ] [ 編集 ]

安心しました

いぬばしりさま

思わず「留萌本線 廃止 うわさ」で検索してしまいました(^^;

名寄本線はそうですよねえ。惜しい路線でした。
[ 2013/11/14 22:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/633-1783f291