こみなと秋冷    野焼きの煙

kominato20131109_062take2b.jpg
   小湊鉄道  上総大久保    2013年11月



刈り取られたはずの田んぼから再び稲穂が伸びて実まで付けている。

いわゆる「ひこばえ」だが、不思議そうに見ていると、「野生の草みたいなもんだから、

放っときゃ生えてくるのさ。」と、おじさん。

以前これをちゃんと収穫した事もあったそうだ。温暖な房総ならでは、というところか。

電気柵はイノシシ用。ほとほと参ってるわと話すうちに列車の通過時間。

怪しい空模様が連れてきた風が、野焼きの煙を大きく揺らす。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/12/04 22:01 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

ひこばえ

風太郎さま

初めて聞きました。
結局、秋の小湊へは覗きに行けず冬を迎えてしまいました。
あちこち行きたいところだらけでぜいたくな悩み。。。
[ 2013/12/05 07:11 ] [ 編集 ]

寒空

こんばんは。

キーワードは、小湊・野焼きですね!
でも風太郎さまの切り口はやっぱり素敵。
この叙情的な感じが何とも。
冬の曇天の重だるさを感じます。
[ 2013/12/05 21:24 ] [ 編集 ]

季節は巡る

狂電関人さま

駅間歩きだけでへとへとだった昔と違って、今は田舎の事物に心寄せる余裕があるのは幸せです。

この秋は銀杏を始め、取り逃がしが多かったです。
まあまた季節は巡りますから。
[ 2013/12/05 23:45 ] [ 編集 ]

めげずにしぶとく

いぬばしり さま

有難うございます。

本当はいぬばしり さんが撮られたような秋晴れを狙っていたんですよ。
天気予報のバカヤローですが、めげない、しぶといが信条ですから。
[ 2013/12/05 23:48 ] [ 編集 ]

風太郎様

「電気柵はイノシシ用」
このあたりはイノシシが出没するのですね
「ほとほと参ってるわ」ということは
あまり効果はないのでしょうか
イノシシは 自分が住んでいた 場所に食べ物があれば 
危険を冒してまで この地にやってはこないでしょう
考えさせられることが 多い
その一言でした
[ 2013/12/06 07:42 ] [ 編集 ]

ポーズが

おじさん、うまく気動車を見つめてくれた
もんですね。このポーズが決まってます。

野焼きは汽車の俯瞰ではあまり好ましくない
のですね。それは、どれがホントの汽車か
わからなくなるので・・・。(やられたこと何度か)
[ 2013/12/06 16:11 ] [ 編集 ]

人と動物

りらさま

イノシシばかりでなく、鹿やハクビシンなども出るようです。
別に山奥でも無く、人間の生活が身近な山里なのですが。
山奥の住処を追われたというより、人間の食べ物の味を知ってしまったというところなのでしょうね。
人と動物が再び棲み分けをする事は出来ないのでしょうかね。
[ 2013/12/06 21:13 ] [ 編集 ]

ふたつの煙

マイオさま

まあ、半分「やらせ」ですからね。
あっもうちょっと、焚火の方へ・・・とか、列車が見えてからのリクエストはなかなか厳しかったです。

確かに大俯瞰の時などは、どっちがどっちだかになってしまうでしょうね。
まあ煙にあまり縁が無い風太郎としては、野焼きは常に歓迎しています。
[ 2013/12/06 21:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/643-5376bf98