こみなと秋冷   曇り空の下

kominato20131109_088take1b.jpg
   小湊鉄道  上総大久保    2013年11月



爽やかな秋晴れのはずが、重い曇天の一日。

天気予報の野郎!と繰り言のひとつも言いたくなるが。

廣田尚敬氏の言で、「ローカル線で静けさが漂うような写真を撮りたいなら、曇りの日は撮影日和だ。」

というのがある。(「たのしい鉄道写真の撮り方」より) 

富士に月見草と同じ位の至言だと思っているので、天気予報を恨むより、

柔らかな光の中に佇む小駅の静けさを愛でたいと思う。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/12/15 21:11 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(12)

曇天

こんばんは。

確かに廣田さんの言うとおりですね。
このお写真を拝見して本当にそう思いました。
私は正直、光に頼った写真を撮る傾向があるので、
とても重い言葉です。
でも、曇天だと気合は正直抜けますよね。
それでは駄目なのは解っているのですが・・・
[ 2013/12/15 22:52 ] [ 編集 ]

曇りの詫び寂び

いぬばしりさま

確かに光の魔術師的ないぬばしりさんにとっては「太陽が無いなんて」という所でしょうね。
いっそ雨の方がレールや濡れた葉っぱなど、まだ光がありますものね。

曇天は空が真っ白に飛ぶなどやっかいなところもありますので、
極力空は入れないよう構図に気を付けて、廣田流曇りの詫び寂びを極めたいと思っております。


[ 2013/12/16 00:16 ] [ 編集 ]

曇りこそ・・・。

風太郎さま

さすがは、お師匠さん。
良いこと言いますなぁ。。。
しかし、空気感が見えそうですねぇ。
素晴らしい。
[ 2013/12/16 07:20 ] [ 編集 ]

風太郎様

森林の中にあるつつましやかな駅
それは 景観を損なうことがありません

上総大久保 
私はこの駅に降り立ったことはありません
遠景からでも見たことがありません
でも 風太郎様とお会いする以前より
上総大久保駅がどのような駅か
どのような 列車が走行しているのか 知っていました
私が ブログを始めて間もない頃
この駅 この列車 また周辺を 度々 撮影している方がいました
私は その方のお写真が 大好きでした
小湊鉄道も小湊鉄道の駅もその周辺も
全てその方の写真から 知りました
私が 初めて憧れを持って拝見した写真です
そして コンデジから現在のカメラに買い替える
勇気を持つことが出来た 源でもあります
現在 ブログ閉鎖されています

風太郎様の小湊鉄道のお写真を拝見する度
初恋の人を思いだすがのごとく
胸が 切ない程になり 時として
泣いてしまうことがあります
今日も泣きました 
[ 2013/12/16 07:28 ] [ 編集 ]

わが身もまた

さすがは廣田さん、いいこと仰いますね。
私もまた光線に頼るところ大ですので
曇天でもこの言葉を噛み締めて・・・。
[ 2013/12/16 14:04 ] [ 編集 ]

曇天は、

雲が大きなトレペの役割をして、光が拡散されて、
とくにローカル線では、しっとりした雰囲気になりますね。
遅い房総半島の紅葉、ツートンカラーのキハがよく映えています。
この小湊、そしていすみ鉄道、出かけてみたいのですが、いかんせん遠くって…。

[ 2013/12/16 20:55 ] [ 編集 ]

この位置から撮られて背景にこの山の姿?と首を傾げましたが500ミリのなせる技でしょうか?
[ 2013/12/16 20:56 ] [ 編集 ]

彩度

狂電関人 さま

曇天でも彩度が確保出来るのがデジタルの恩恵ですね。
近年のフジクローム系は良くなりましたが、曇天時のコダクロームの彩度の低さには泣かされました。
[ 2013/12/16 23:08 ] [ 編集 ]

大久保

りら さま

上総大久保周辺はいいですよ。何度撮っても飽きません。
シンプルな絵が好きなので、余計なものが写らないのがいいのですが、
列車・駅・山、それしかない絵は東京近郊ではなかなか見られません。
その方もそんな大久保の佇まいに魅せられて通われていたのでしょうね。
[ 2013/12/16 23:14 ] [ 編集 ]

廣田エッセイ

マイオ さま

廣田さんは鉄道のみならず自然の森羅万象に造詣の深い方ですね。
それは数多く残された撮影ノートというか、エッセイからも窺い知る事が出来ます。
実は廣田さんの旅のエッセイは写真以上に好きなのです。
そんな自然の機敏を知り尽くした経験から出る言葉だと思います。
[ 2013/12/16 23:18 ] [ 編集 ]

曇りの国

32Count さま

コントラストが強すぎる晴天時は色鮮やかですが、何か騒々しい感じもします。
ディフューズされた曇天時の落ち着きは、確かに静けさに繋がるような気もします。
山岳写真はコントラストの強い晴天時の写真が主流のように感じますが、どうなのでしょう。
ニッポンは曇りの国、うまく付き合わねばと思います。
[ 2013/12/16 23:28 ] [ 編集 ]

望遠レンズ

はせがわさま

はせがわさんも結構小湊で撮られているので、土地勘がおありですね。
でもそんな超望遠ではありません。200mmですよ。
背後の山は結構迫っているのでこんな風に写ります。
鉄道屋は危険の無い所から撮る必要もあって望遠レンズを多用します。
自然な画角の写真をお撮りになっている方からは奇異に思われるかも知れませんね。
でも、望遠レンズが作る空気感も捨て難いものがあると思っています。
[ 2013/12/16 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/649-7492e309