枯れ野のエグゾースト  その1     風の日

kominato20131213_216take1b2.jpg

kominato20131213_157take1b2.jpg
   小湊鉄道  月崎(上) 飯給(下)    2013年12月




この日、房総地方は強い季節風が吹いた。

しかしそれを木枯らしと呼ぶには穏やかに過ぎる陽差しもあって、

やはりこの土地らしい柔らかな冬の日なのだった。


ふいに響くディーゼルエンジンの唸りは枯れ野を渡り、紫煙が風に舞う。




kominato20131213_261take1b2.jpg
  里見




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/01/03 21:36 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

明けましておめでとうございます。
小湊の写真も途中で年を越してしましました。
計画性の無い所が私らしいと言えば私らしく…。

これからまた続きを書く予定です。
風太郎さんの写真に見惚れ乍ら
私ワールドを少しづつ作って行けたらいいななんて思います。
今年もよろしくお願いいたします。
[ 2014/01/04 00:33 ] [ 編集 ]

小湊

おぼろさま

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

私だって新年早々旧年ネタですが、一向に気にせずマイペースですので。

小湊は誰もが驚くような大絶景こそありませんが、ごくごく平凡な里山とローカル線の風景だからこそ、
撮り手の個性が表せる面白い素材と思っています。

感性豊かなおぼろさんのワールドを楽しみにしております。
[ 2014/01/04 10:08 ] [ 編集 ]

冬の空気感

風太郎さま

冬晴れの日、こんなカメラスケッチ。
なんとも贅沢な気分にさせてくれますね!
笹が騒めき、雲が流れ枯枝が銀色に輝いて・・・。
ちょうどいいテンポの三枚です。
[ 2014/01/04 14:32 ] [ 編集 ]

冬の小湊

狂電関人 さま

撮り鉄も少なくなる冬の小湊は意外な穴場と思っています。
風景がクリアに見えて光がきれいな季節ですからね。
この季節にしかない発見もあって短い一日はあっという間に過ぎてしまいます。
[ 2014/01/04 17:55 ] [ 編集 ]

風太郎様

晴天でありながら 風は激しい光景
一枚目お写真 単線の線路を取り囲むかのような木々のざわめきに感じます
二枚目のお写真の赤い実
その実 その枝にも 目には 見えずとも風の音まで聞こえてくるかのようです
最後のお写真
ホームの先頭部分まで足を伸ばし
列車を見送る 後ろ姿
その後ろ姿 その姿は風の冷たさにも めげぬ
仕事に対する真摯な心を感じます
風太郎様に2013年は大きな刺激を頂きました
最後のお写真のような 撮影がしたくて
SL 一人旅を二日にしてきました
しかしながら このような写真は 私には 到底撮影は 出来ませんでした
でも SL 乗車は 初めてです
小さな冒険でしたが 大きな思い出となりました
2014年もまた 私に刺激を 与え続けて下さいね
写真初心者 若輩者の私に ありがたいお言葉頂き 
感謝の気持ちで一杯です
[ 2014/01/04 21:36 ] [ 編集 ]

今年もよろしくお願いいたします

りらさま

お正月のお仕事ご苦労様です。今年もよろしくお願いいたします。

真岡鉄道でしたっけ。私は行った事がありませんが、天気も良かったかと思いますし、
年初めの良い思い出になって良かったですね。お写真を楽しみにしております。

今年もまあ、近場からちょっと遠くまでなるべく足を延ばしたいと思っています。
鉄道のカタチは変われどニッポンのふるさとはやはり美しいです。

今年もお付き合いください。

[ 2014/01/04 22:48 ] [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。

いや〜、上の2枚、鉄道車両が写っていないのに、そこはかとなく、旅情を感じさせるのは、
風太郎さまのカメラアイとテクニックの賜物だと…。
それにしても凄い風ですね。
我が北信濃に雪をもたらした名残なのでしょうね。
[ 2014/01/05 20:23 ] [ 編集 ]

小湊の風

32Countさま

本年もよろしくお願いいたします。

風は強かったですね。12月半ばですが、確かに雪を運んだ風なのかも知れませんね。
沿線に多い竹ヤブですが、しなって風に耐えるだけに面白い絵になりました。
列車通過時も狙ったのですが、ご多聞に漏れずそういう時は吹きません(笑)
でも線路だけの方がいいかなと思っています。

自然風景を撮っていた時期も長いので、鉄道以外にカメラを向けるのはごく自然です。
[ 2014/01/05 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/654-21526e85