怪しい中年撮鉄団 津軽遠征  その2    ガンガラ岩

gono20140201_095take1b.jpg
  五能線  十二湖    2014年2月



今回の五能線は穏やか過ぎるお天気。無論ダイヤ通り完璧に動くものの、

この季節に訪問してほとんど雪が無い五能線もとんと記憶に無く。

晩秋と見紛うような景色のなかをポイント探して彷徨う。

「ガンガラ岩」は初見参の撮影地ながら、なかなか面白い所だった。


空を覆う雪雲だけは、やっぱり五能のそれである。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/02/04 21:34 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(17)

風太郎様

津軽国定公園内
青森県西津軽郡深浦町
複数の湖の総称なのですね 
撮影地 十二湖

ガンガラ岩には穴があいているのですか・・・

穏やかすぎる空でしたか・・・
私には とても綺麗に見えます
五能線の白と青の色彩に よく似合うように思えます
彼も時として このような景観を好むことでしょう
ご機嫌なように 感じます
そんな 五能線 十二湖 2014年2月撮影のお写真
素敵な撮影地を探され お友達にも恵まれ
思い出深い 撮影になりましたね
 
[ 2014/02/04 22:21 ] [ 編集 ]

入り江にて

りら さま

ここらは世界遺産「白神山地」のお膝元で、地元のあやかり熱は高いのでしょうが、
もともとディープな旅人か撮り鉄位しか踏み込まない辺境の地、
いまいち垢抜けた観光地になりません。まあ、それがいいのですが。

ガンガラ岩、実は時間が無くて岩そのものはしっかり見ていません。
済んだ日本海の入り江で波打ち際の遊歩道もあり、もっとゆっくり見てみたかったです。

五能線の色も派手過ぎず地味過ぎず、モノトーンの風景によく溶け込んでいますね。
[ 2014/02/04 23:08 ] [ 編集 ]

おかえりなさい!

遠征お疲れ様でした。

津軽劇場の始まりですね♪
怪しい中年撮鉄団との事
みんなで他愛もない会話を交わしながら
みんなで飲み食いしながら
そんな撮影も楽しいものです。。。

そんな想い出も詰まった
津軽劇場楽しみに拝見させて頂きます。

しかし
五能線は一度訪れてみたい
憧れの地です。
[ 2014/02/05 13:15 ] [ 編集 ]

いいなあ♪

津軽ですか( ^∀^)

とり鉄はじめて約一年まだまだ撮影していない場所がたくさんあります。

こう言う荒い風景で撮影したいですね(*^.^*)

いろいろ勉強になります…(*^O^*)
[ 2014/02/05 21:29 ] [ 編集 ]

こんにちは

・・・ゆ 雪がない!

とにかくそれが・・・・びっくりです
でも 秋ではない、やっぱり2月なんですね
海の色がもう冬の峠を越してるような・・・

[ 2014/02/05 21:34 ] [ 編集 ]

気分はハタチ前後ですが。

happyヒロ さま

気分はハタチ前後に帰るのですが、いかんせん体力がいけません。
「日の出から日没まで」は意地でも実行しましたが、夜になるとごく少量のお酒でバッタリと。
年は取りたくないものです。

五能線、車両以外はあまり変わっていないですが、将来は予断を許さない気もします。
是非あるうちに。

[ 2014/02/05 22:40 ] [ 編集 ]

奇岩の風景

風太郎さま

初めてでしたが、なかなか撮り応えのある
景観でした。次回はもっとじっくっ料理したいですね。。。
[ 2014/02/05 22:42 ] [ 編集 ]

荒涼感

くるみ さま

山陰本線と似ているところもありますが、やっぱりこの荒涼感は北国です。
関西からだと遠いですが、一見の価値がありますよお。
こうして津々浦々、どっぷり鉄にハマっていくんですけどね。
[ 2014/02/05 22:43 ] [ 編集 ]

季節の色

Jamさま

私もこんなの初めてです!
津軽鉄道沿線は普通にあるんですけどねえ。海岸線はいったいどうした事でしょうか。

海の色・・・そうですね、五能の海の色はは季節季節で大きく変化します。
真冬の鈍色ではなく、わずかにエメラルドグリーンを感じた時は、
私も季節の移ろいを想わずにはいられませんでした。

[ 2014/02/05 22:50 ] [ 編集 ]

ガンガラ

狂電関人さま

「穴」をもっとじっくり見に行きゃ良かったですね。
後で画像検索したら、「穴」を額縁代わりにキハを捉えた写真があって仰天しました。
波しぶきを浴びそうな遊歩道ももっと歩いてみたかったです。やっぱ夏かなあ。
[ 2014/02/05 22:54 ] [ 編集 ]

遠征お疲れさまです。

ガンガラ岩、お気に召されたようで何よりです。
当方夏に当地を訪れ、すっかり感激しましたが、ここ以外がうまくいかず、少々心残りでもあります。岩館の写真もいい感じですね。関西からはちょっと遠いですが、いずれ再訪したいものです。
[ 2014/02/05 23:16 ] [ 編集 ]

ガンガラ岩

鉄道少年 さま

そうです、鉄道少年 さんに見せて頂いた「ガンガラ岩」が妙に気になりまして。
何回も通っていたようで意外に盲点があるものです。
こんどはちゃんと雪のある時に撮りたい気もしますが。
[ 2014/02/05 23:31 ] [ 編集 ]

この季節、日本海側のこの地で雪がない。すごく意外です。

五能線風上一杯の路線ですね、次回からの展開が楽しみです。

私も今日からこの地方へ行くところです。へっぽこカメラで何が撮れるやら。

HPも拝見させていただきました。良い写真集になっていますね。あのころもっと撮っていればなぁ、と今更の後悔のため息が。

これからの展開楽しみにしています。
[ 2014/02/06 04:25 ] [ 編集 ]

(≡^∇^≡)

確かに♪
[ 2014/02/06 12:18 ] [ 編集 ]

やっぱり冬は

popomanさま

コメント有難うございます。

今日からですか。東北は随分冷え込んでいるようですね。
この時は生暖かいような天気で雨まで降りだしましたから、一体どうなってるのという感じでしたね。
やっぱり冬は寒くてドカ雪でなくちゃと思います。

popomanさんも写歴は長いのでしょうか。昔の写真も見せて下さいね。
それではお気をつけて。
[ 2014/02/06 21:23 ] [ 編集 ]

夏の時期、

このアングルでガンガラ岩の向こうに沈む夕陽狙いで2010年8月、何日か通いましたが、微妙な雲が邪魔をして願い叶わず…。
夏は海がエメラルドグリーンで、海の底さえも見えるそれはそれは美しい景観が広がるので是非!
画面左にある丘は「賽の河原」と呼ばれ、海越しに五能線を撮ることができるお立ち台ですが、
柵もなにもなく、足下には断崖と大海原が広がり、
かなりのスリルが味わえます。
遊歩道があるので、割合、お手軽に立つことができますよ。
[ 2014/02/06 21:33 ] [ 編集 ]

ガンガラ岩リターンズ

32Count さま

海が本当にキレイな所らしいですね。
アングルも探せば相当ありそうです。早々に「次」へ行ってしまったのが惜しかったかなあと。

そんな事を言ってるとまた行かなきゃいけないじゃないですか。(^^;
沈む夕日とのツーショットを、私も狙いに行きましょうかねえ。
[ 2014/02/06 21:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/677-dc43d89c