怪しい中年撮鉄団 津軽遠征  その6    金木の夜 Ⅱ

tsugaru20140131_130take1b2 (3)
  津軽鉄道  金木    2014年1月




タブレットを手渡し、いつもの夜のいつもの儀式を終えると、発車時刻が迫る。

見送る駅員が前照灯のシルエットになって浮かび上がると、

このために入場券を買った一同から、おおおっと声が上がるのは言うまでもない。





tsugaru20140131_130take1b2 (4)

tsugaru20140131_130take1b2 (5)

tsugaru20140131_130take1b2 (6)




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/02/10 21:51 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(12)

風太郎様

鉄道員の方が列車の中を
真摯な目で見つめています

その方は 列車が去っていくのを
しっかりと 直立して見守っています


去りゆく 列車を哀惜をこめて
見送ったあと 階段を下りていく姿

列車が遠くなっていきます
でも ほんの少しまえまでの人の気配を感じます

物語を感じる 組み写真
誰も見ていることがなくとも
自分の仕事に忠実な鉄道員の方
感動しました
泣き虫の私は また 風太郎様に泣かされました



[ 2014/02/10 23:32 ] [ 編集 ]

変わらぬ風景

りらさま

泣いて頂いて有難うございます(^^;

実際この場に立っていても涙が出そうになるほどいい風景でしたよ。
いろいろなものが変わってしまった感のある津軽鉄道ですが、
ここから見る風景、駅員の後ろ姿だけは昔のままです。
雪煙に消えるテールランプが、遠い30年前の時間へと誘うようです。
[ 2014/02/11 00:15 ] [ 編集 ]

こんにちは

なんか 少し物腰柔らかそうな健さんが立ってるみたいな

いいですねえ、働く人の後ろ姿
こういう背中にほれます(^^)
[ 2014/02/11 16:10 ] [ 編集 ]

ぽっぽや

Jam さま

ぽっぽやですかあ。そう言われると健さんにも見えてきました!
健さんは以前は全国津々浦々に居たのですが、何時の間にかどこかへ消えてしまいました。
こういう風景は本当に貴重になってしまいましたね。

日に数本のローカル線の駅員生活など気楽な稼業のようにも見えますが、
早朝から深夜に及ぶ除雪作業やポイント、信号機の点検など、
見えない所での地味すぎる労働の日々を過ごした全国の健さんに、想いを馳せる時でもあります。
[ 2014/02/11 17:41 ] [ 編集 ]

奇しくもこの2月私も津軽鉄道、五能線、あけぼのを巡る旅に出てました

風太郎さんのようなムードあふれる画とは行きませんが、少しずつアップしていきたいと思ってます

腕木信号この位置にあったのですね、良いですねぇ、津軽鉄道
[ 2014/02/11 23:31 ] [ 編集 ]

津軽の旅

popomanさま

そうですか。つい最近だったんですね。
私が行った時(1/31~2/2)は比較的穏やかな天気で雪も少なかったですが、
行かれた時はどうだったでしょうか。いずれにしてもUPを楽しみにしております。

金木の夜にはまだまだハマりそうです。
[ 2014/02/12 00:06 ] [ 編集 ]

5桁のISO

夜間撮影は元々不得意と決め付けて
長らく「偶のお遊び」程度でしたが、
先日の大井川ナイトでまずはバブルのみ
楽しみ方を再発見しました。
けっこう光で遊べる・・・ってなもんです。
問題は走り写真の方です。4桁ISOではつらい。

さて、そこでこの明るさで、この表現。
しかも人物メイン。寝不足の我が頭を直撃です。
[ 2014/02/12 10:51 ] [ 編集 ]

駅員カット

風太郎さま

しっかり抜け目無く押さえてますね。
この辺のスナップ用のズームは欲しいですね。
うーん、中古でも物色しようかな・・・。
[ 2014/02/12 20:18 ] [ 編集 ]

素敵すぎます

高倉建さんやないですよね(^-^;

そんな映画の一シーンみたい…拍手…パチパチ

私は、鉄子やから夜のシーンが一枚もなく、今正しくこんな写真撮したいと考えています(*^O^*)

ほんま素晴らしいです!

どうにかして、撮さなきゃ…ハハハ(((^^;)
[ 2014/02/12 21:41 ] [ 編集 ]

デジタルの魔法

マイオ さま

さすがに「走り」の夜間撮影は厳しいですよね。やって見た事も有りませんが。
でもデジタルの魔法は何を起こすか分かりません。
チャレンジすれば何かが起こります!

この写真はiso1600、f4で1/45位ですか。
高感度特性に手振れ補正の賜物ですね。

私もサラジャンプを最後まで見て会社でうつらうつら。
[ 2014/02/12 21:50 ] [ 編集 ]

夜間スナップ

狂電関人 さま

沼にハマるより先に手持ち機材の限界を試しましょう。
ナナニーヨンはスナップズームとしても秀逸だと思いますよ。
[ 2014/02/12 21:53 ] [ 編集 ]

夜の鉄道

くるみさま

夜に生きるも「鉄」のうちです。

夜は背景が整理されて主題が引立ったり、光が印象的だったり、昼の顔とは違う鉄道を演出してくれます。
真っ暗になると写るものも限られてしまいますから、まだ明るさが残っているうちが狙い目ですヨ。

夜の鉄子デビューを楽しみにしております。

[ 2014/02/12 22:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/681-efefbac4