雪解け

kaminojirifukan1b.jpg
  磐越西線  上野尻    1986年



奥会津の遅い春。

消え残る雪を割って、気動車列車は軽やかに。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村







20140321_201b.jpg
   Nikon V1 nikkor 70-200mm F2.8G



下の息子の高校最後の演奏会に行く。当然写真係。

しかし換算500mm超えの超望遠で覗く楽器は、何度見ても美しいオブジェだね。

エッジに光るラインライトは、メタリックはシャープに、ウッデイは柔らかに、そのフォルムを描き出す。

それは蒸気機関車のクロスヘッドやリターンクランクの鈍い輝きにもどこか似ていて。


しかしこれだけの長玉を手持ち使い、ブレ無し、ピンボケ無しは魔法のようで、

風がそよぐ様な無音の電子シャッター連写と共に、写真表現を変えるよなあと改めて。


腕の筋肉は攣りそうになったが。




20140321_012b.jpg

20140321_202b2.jpg

20140321_110take1b.jpg



そうそう、6年間良く頑張ったね。

主旋律はあまり弾くことはないチェロだけど、ちゃんと聞えたよ。



20140321_209b.jpg



帰り道にもちょっと素敵なラインライト。




ogikubo201403_281take1b.jpg
  中央線  荻窪    2014年3月



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/03/22 20:25 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(6)

風太郎様

風太郎様 今回 24歳の時のお写真ですよね
勤務されるようになっても奥会津まで雪の中 撮影されていたのですね

現在は 高校性のお父様です
約 30年間の時空を超えたかのような
今日のアップ
楽器を奏でる手の美しは 一際ですが
それを 描写するのは とても難しいと感じています

「主旋律はあまり弾くことはないチェロだけど、ちゃんと聞えたよ」
その心が撮影したお写真でしょう
愛は 魔術を可能にしてくれたのでしょう

チェロと他の弦楽器との大きな違い
それは チェリストがチェロを抱きかかえるがごとく 弾くことです
ヴァイオリン程高音でもなく
コントラバス程低音でもありません
その程よい 音色が好きです

主旋律を弾かれる日もやがてくるように思えます
チェロ独奏の曲で美しい曲は 数多くあります

私は 小学校の頃
サンサースの白鳥を聞いた時
チェロの音色の美しさに 驚く程の感動を覚えました

最後のお写真
演奏会の余韻が残るお気持ちでの撮影
やはり 輝きで満ちていますね
[ 2014/03/22 21:10 ] [ 編集 ]

有難うございます

りら さま

そうですね、社会人になっても未練たらしく休みをやりくりして行っていました。
でもせいぜい2~3日、かつての2~3週間に及ぶ長旅のような、
その土地の空気に馴染む感覚は無くなってしまいましたね。何かが決定的に違うものを感じていました。

親父と息子の関係はなかなか微妙で、互いに素直になれない所がありますが、
自分が精一杯若さを謳歌した年齢と重なるにつれ、
彼らにも生涯の語り草になるような体験をさせてやりたいなあとは思いますね。
親父とは全く違う道を歩くのか、結局近づいて来るのか分かりませんが、(少なくとも鉄っ気はゼロです)
かたちは違えど、ですね。

楽器、このキラキラ感はりらさん好みだろうなあ、と読んでいました(^^;
是非チャレンジして下さい。
本物のプロ演奏の場合は、カメラ持ち込み自体が厳しいでしょうし、
市民や学生オーケストラの演奏などを探せば、自由に撮れると思いますよ。
(音を立てないように、ですが。確かカメラはミラーレスでしたよね。)
この写真もステージから10m位の客席だから撮れたものです。
[ 2014/03/22 21:47 ] [ 編集 ]

雪解けの磐西

風太郎さま
冬発春行きの列車といった場面設定ですね!
雪のカーテンに霞む背景と大きく取り入れた
残雪のコントラストが効いています。
[ 2014/03/23 16:02 ] [ 編集 ]

続けるのもありかと

我が家の次男坊も中学からチェロを始めましたが、
大学3年生の現在まで続けてますよ。(受験期は
もちろん中断)
先日はなんとベートーベンの第九を横浜MMホール
でやってくれました(流石に感激)。
さらに家内の父の老人ホームで、第九の4楽章を
カラオケ演奏してくれました。義父は外出がままならぬので、出前の生演奏。こういうのは、楽器の力だなぁと楽器をやらない私としては羨ましい限りです。

ところで、大昔写真?は徳沢・上野尻の端村踏切か、はたまた野沢方の新村界隈(須刈岳の下)
かなぁ・・・。どちらも撮ったことがあるのですが、
直線区間なんですよね。
[ 2014/03/23 18:54 ] [ 編集 ]

国鉄型

狂電関人 さま

磐西は駅間も長く、徒歩で駅間を行くのは難儀でしたが、
車を手に入れてからこういう写真も撮り易くなりました。
来るのも「国鉄型」以外あり得なかったですからね。

磐西も最近は珍妙なDCがだいぶ入り込んでいるようですね。
風景そのものはあまり変わらないでしょうし、行ってみたいのですが、
仰天モノの車両が彼方から走ってきたらどうしよう、とビビッているのです。
[ 2014/03/23 19:48 ] [ 編集 ]

野沢~上野尻間と思いますが。

マイオさま


ご子息は立派にご活躍の様子、音楽は写真より一般受けしますからいいですよね。
無事に大学も決まりましたし、ここで止めるのは勿体ないと、まだ続けるようです。
高いチェロも買わされましたし。

写真は例によって撮影地が分からなくなっていたのですが、
「野沢近辺」の僅かな記憶と地図・航空写真を照合した結果、
野沢~上野尻間の国道49号線のクロスからと断定しましたが、いかがでしょうか。

結構見晴しが利きますし、「ばんえつ」のお立ち台では、とも思うのですが。



[ 2014/03/23 20:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/710-b341990a