小湊鉄道  花暦   その1     春はあけぼの

kominato20140329_001take1b.jpg
  小湊鉄道  上総鶴舞   2014年3月




まだ真っ暗なうちに着いた上総鶴舞の駅前に車を停めて、しばしうたた寝。

しかし春眠暁を覚えずなどと言ってはいられない。

下り朝一番の回送列車を5時40分過ぎに迎える頃には、あたりはすっかり明るくなっていた。

暁の色を残す空と、似た様な色のディーゼルカー。レールの際に揺れる菜の花。

小湊に花の季節が再び巡って来た。





kominato20140329_017take1b.jpg




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/04/10 22:00 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

夜の精から朝の精へとバトンタッチ
その瞬間は それほどの時間を要しません
貴重な時間帯を逃すことなく
その瞬間の色に染まるかのような 列車 撮影されましたね
それも線路は曲線美です
度重なる 厳しい 寒さにも耐え 今年も小湊の黄色が見えます
やりましたね・・・・
風太郎様
ちょっと 嫉妬しますね・・・・本音は凄くかな・・・

一枚目のお写真の中
標識が見えます
私には それが 何を意味するのか存知ません
でも ブログ 開かせて頂いた瞬間
菜の花にも 負けないくらいの黄色い歓声をあげてしまいました
初めて見る この標識に魅了され 撮影済です
駅は違いますが 写真も大いに違いますが・・・
それでも 嬉しくてたまりません
[ 2014/04/10 22:39 ] [ 編集 ]

こんばんわ♪

今、小湊鉄道きてます。

始発の大阪初の新幹線にのり10時半に上総牛久に着きましたから…鉄仲間さんと…今の今でライトアップの飯給で撮影してました(^-^)v

明日は…朝一番列車写して、いすみ鉄道行ってきます(^-^)v


[ 2014/04/10 22:52 ] [ 編集 ]

これぞ

こんばんは。

お待ちしておりました、小湊2014-春。
薄紅色の空が、気だるい感じを醸し出していていますね。
少し肌寒い朝の感じが、私も鶴舞に居る様な錯覚に陥ります。
早速、風太郎さまの真骨頂を拝見させて頂き有難うございます。

因みに、朝一の上り列車は五井から回送されるのは知りませんでした。
[ 2014/04/10 23:05 ] [ 編集 ]

転轍標識の青

りら さま

真っ暗なうちに現地に着いて、というのも酔狂ではありますが、
静かな夜明けの時間に浸るのも、日常から解放されるひとときであります。

転轍標識ですね。
青い目玉のようなレンズにこちらを見つめられているような、不思議なインパクトがあります。
りらさんの写真も早く拝見したいですね。

ある程度の鉄道知識もあった方が楽しめますから若干解説しますと。
転轍標識は線路がY字型に分岐するところ(ポイント)に設置されています。
どちらに分岐するか選択する装置がレールに備えられているのですが、
問題はYの字の上の方から下へ走る場合で、
もしも右側に向かうよう装置が選択されている時に、左側から列車が入った場合、
最悪レールに乗り上げて脱線が起きる可能性があります。
この標識が青を表示している場合、脱線しない方向に設定されている事を表しています。
逆の場合はこの標識が90度回転して黄色を表示し危険を知らせます。

青は心静まる色とされます。朝のしじまに溶け込んでいるように思えました。
左側のカバーが外れかけているのが玉にキズですね。
直そうと思えば直せますが、重要な保安装置ですし、そのままにしておきました。


[ 2014/04/10 23:29 ] [ 編集 ]

ようこそ、小湊へ

くるみ さま

ようこそ、小湊へ。(笑)

昨日行きましたが、思いのほか桜は残っていましたし、菜の花もこれから盛りというような場所もありましたね。
今日は天気も良かったですし、まずまずの小湊日和で春を満喫出来たかと。
飯給の「水面ライトアップ」ですね。つい先程までとは根性ですね。
でもここでしか撮れない絵のように思いますから、これは外せないでしょうね。

明日も一番からとはご苦労さまです。いすみもいい絵が撮れるといいですね。

UPを楽しみにしております。
[ 2014/04/10 23:39 ] [ 編集 ]

夜明けの一番列車

いぬばしり さま

有難うございます。

一応桜の写真も撮れたので、3月末の「非桜」と併せ、順次UPしようかと思っています。
鉄道を捨て、風景撮影に専念していた時から夜明けの時間は大切にしていました。
一日のうちで最もドラマチックな時間帯ですから、三文の得どころでない、と拘っています。

朝一の里見発は乗務員と共に里見駅駐泊とばかり思っていましたが、五井まで戻ってまた来るんですよね。
下り回送は、夜明けの貴重な「一番列車」です。
里見に宿泊施設もあるようですが、今時はカエルの大合唱でうるさくて寝られないのでは、と思いますし、
乗務員も家で寝たいのでしょうね。
[ 2014/04/10 23:50 ] [ 編集 ]

転轍標識信号灯

風太郎さま

黎明の時間帯。

山入端が薄紅色に色づく中でガッシャン。

転轍器がかわる音で駅が目を覚ます。

なんともドラマチックな夜明け。

追憶の彼方に消え去りそうな景観です。

GOOD SHOOT!
[ 2014/04/13 10:35 ] [ 編集 ]

鶴舞の青い灯

狂電関人さま

ここのポイントはスプリングでは無いようですが、
側線は全く使用していないので、本線側に鍵で固定されているようです。
ガッシャンと変わる事は無いですし、永遠に青のままかと思うのですが、
ちなみに朝いちの下り回送列車は、何故か鶴舞の駅で一旦停車します。
万が一の悪戯等に備えて進行現示を確認する事になっているのかも知れません。
そういう意味でこの標識はまだ役割を担っているとも言えます。

夜明けの静寂に、聞こえるはずの無い音まで聞こえて来るような気がしますね。

[ 2014/04/13 12:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/722-2e62a552