小湊鉄道  花暦   その7     花冷えの宵

kominato20140329_344take1b.jpg
  小湊鉄道  里見   2014年3月




一日の締めはやっぱりここでしょ。

桜の季節にはもうひと息だけれど、襟元から忍びよるのは花冷えという奴か。

下り最終列車を見送ると、静かになった駅にカエルの合唱が湧きあがった。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/04/19 17:25 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(10)

風太郎さん、こんばんは~

こう言った夜の情景が撮りやすくなったのもデジカメの恩恵ですね!
昔ながらのカンテラによる出発合図と肩に掛けたタブレットキャリアが旅情を誘います。
[ 2014/04/20 18:06 ] [ 編集 ]

早朝から始まった風太郎さんの一日も終わりですね。
最終電車を見送った時は駅員さんもほっとされることでしょう。
電車を降りてい家路につく。
夕暮れは淋しいものですが、それでも春の優しげな雰囲気がします。
[ 2014/04/20 19:35 ] [ 編集 ]

風太郎様

里見駅で最終列車を見送る鉄道員の方
やはり この姿なくして
小湊の夜は 成り立ちませんね
駅舎からの照明で最後の輝きを列車自身が
演出しているかのごとく思えます
桜なくしても 花冷えを感じる・・・
日本人の感性ゆえでしょう
その感性ゆえのお写真
感動をもって 拝見させて頂きました

[ 2014/04/20 19:45 ] [ 編集 ]

鬼のようなピント合わせです

まりも207 さま

小湊には現代では奇跡のような鉄道風景が残っていますね。

写真では明るく見えますが、実は真っ暗に近いのです。
停車中辛うじて室内灯に照らされる程度。
それでも写るのはデジタルの恩恵ですが、
当然AFは利きませんので、真っ暗、紙の様に薄いピント、動く駅員氏を相手に
鬼のようなMFピント合わせが必要に。

歩留まりの世界です。テクノロジーに負けないよう腕も磨かなくては。

[ 2014/04/20 19:49 ] [ 編集 ]

温もりの駅

おぼろさま

ご存知かと思いますが里見駅は駅員が泊まり込みで常駐していて、
早朝から夜遅くまで列車の送り迎えをしています。
これは下り最終列車ですが、上り列車や里見止まりの下り列車はまだありますので、ほっと一息はまだ先ですね。

現代のローカル線は無人駅やワンマン列車が当たり前になってしまいましたが、
ここでは駅員氏と車掌さんが笑顔で挨拶を交わします。
そんな人の温もりが夜の駅にも温かみを添えているのかも知れませんね。

[ 2014/04/20 20:00 ] [ 編集 ]

泣きます。

りらさま

温暖な房総とはいっても、内陸に向っていく小湊鉄道の夜は、春先ではまだ肌寒いです。
でもそんなひんやりとした空気もまた、かつて旅の空で出会った夜の駅の記憶に繋がる所があります。

タブレットキャリアを担いだ駅員が、薄明かりの中で列車を見送る風景をまた見られるとは。

りらさん流に言うと、風太郎は、泣きます。
[ 2014/04/20 20:08 ] [ 編集 ]

花暦

風太郎さま

今度はどの季節で、小湊を訪れようか迷っています。

とりあえず花暦には対抗策をアップしておきました(笑)
[ 2014/04/20 21:03 ] [ 編集 ]

次の小湊

狂電関人さま

風太郎的には次は稲穂の季節(とはいっても夏の盛りなんですけどね)かなあと思っています。

対抗策は「牡丹」ですか。いやいや。
[ 2014/04/20 22:05 ] [ 編集 ]

タブレット

風太郎さんこんばんは。
以前から度々拝見させていただいていました。
タブレットを肩に掛ける姿を見てコメさせていただきました。
今では殆ど見られなくなったタブレットによる列車交換。ノスタルジーを感ずにはいられませんね。
こんな風景も近い将来見られなくなってしまうんでしょうね。
これからも度々お邪魔させていただきます。
[ 2014/04/21 19:39 ] [ 編集 ]

有難うございます

浅間通信員さま

初めまして。コメント頂き有難うございます。

タブレット懐かしいですね。遠く30年前はごくありふれた風景だったのですが。
この駅のタブレットは、実は1年前に「復活」したものなんです。
本数減で閉塞作業そのものが不要になり無人駅になっていたのですが、
周辺の学校がこの駅前に統合された事により、列車交換と共にこの作業が復活したのです。
平成の世に非自動の閉塞作業が復活するとは奇跡そのものです。

ブログ一部ですが拝見しました。地元の風物を精力的に記録されていますね。
地の利を生かして地元の被写体を撮り込めば、絶対他人に真似のできない写真をモノに出来ると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2014/04/21 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/726-d820f1ce