小湊鉄道  花暦   その9     春うらら

kominato20140409_404take1b.jpg
  小湊鉄道  里見   2014年4月




うららな午後は眠気を誘い、ともすれば待合室のベンチで落ちそうになる。

危うく一本逃すところだった。

気動車が立てる風に、また花びらが舞う。





kominato20140409_358take1b.jpg

kominato20140409_330take1b.jpg

kominato20140409_316take1b.jpg



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/04/23 23:11 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

二枚目のお写真
列車から 手を振る女性車掌さん
頬が髪で隠れている部分が多いのですが
それでも 微笑んでいることが 伺えます
男性駅員さんも微笑んでいます
男性駅員さんと女性車掌さんは 手を上げ 挨拶を交わしています
幾たびか 交わしたことでしょう
お二人はこの光景を・・・・

ホームにある桜花
まるで桜の精の足跡かのようです

四枚目のお写真
桜花と線路と踏切と菜の花
それらが 映画のセットかのごとく
美的に配置されているかのような光景

その光景の中
駅員さんの足元にある 小湊の春の黄色
風太郎様のこの地への愛着
この景観を撮影可能とならしめた
根気がもたらした結果 
それがこのお写真の素晴らしさでしょう
駅員さんが小湊の春色を歩く瞬間
風太郎様が切った シャッター音が聞こえてきます


[ 2014/04/24 06:02 ] [ 編集 ]

里見駅のタブレット交換、良い被写体ですよね。

気動車が来るたびに風に乗って舞うサクラ

この季節限定の自然の美しさですね。

[ 2014/04/24 10:38 ] [ 編集 ]

おはようございます。
とても素敵です。
風景がきれいというだけでなく、1人の駅員さんに注目した組み写真はドラマを感じます。
私も一人の方を追う、ということをしてみたいのですが、なかなか難しいですね。^^;
[ 2014/04/25 07:04 ] [ 編集 ]

ホンワカ

りらさま

お返事遅くなりました。
仕事・・・もありますが、アルコールも度を越したようで。

鉄道の仕事は単独作業が多いからか、人との交わりは心和むようですね。
父と娘のような歳の差の挨拶です。

四枚目は今まであまり撮ったことない、望遠・開放・ちょいボケを試してみました。
この駅のホンワカした感じが蘇るようで、ちょっと気に入っています。
[ 2014/04/25 22:03 ] [ 編集 ]

花散る駅

popomanさま

お返事遅くなりました。

タブレット交換、本当に珍しい風景になってしまいましたね。
コレがあると駅の風景が締まるというものです。

桜は結構吹雪になって散っているのですが、なかなか車両とは都合よくタイミングが合いません。
ビミョーに散っているのも奥床しいかと思っていますが。
[ 2014/04/25 22:13 ] [ 編集 ]

スーパーモデル

いろもりカラスさま

お返事遅くなりました。

この駅、珍しい「タブレット交換」をしている事も有って、駅員さんはスーパーモデル並みのもてようですね。
いつも嫌な顔もせず写させてもらっているので感謝です。
いろもりさんの巧みな話術でここの駅員さんの一日を追ったら面白いだろうなあと思ってしまいました。
試してみません?
[ 2014/04/25 22:19 ] [ 編集 ]

一朝一夕

こんばんは。

この4枚のお写真で、春の里見駅がすべて分かるような気がします。

実は、こういう叙情的なお写真って、そう簡単には撮れるものではなく、
感性は勿論の事、風太郎さまが昔から表現方法にブレなく
撮られているからだと改めて思ったりしました。
そう、一朝一夕では撮れないと・・・

これからも風太郎さまワールド、楽しみにしております。
[ 2014/04/25 22:48 ] [ 編集 ]

忘れ物

いぬばしりさま

過分なお褒めのお言葉、恐縮です。

確かに撮りたい種類の写真は昔からブレていないかも知れません。
しかし撮りたいと撮れるは別で、撮り逃がしたまま鉄道そのものが消えてしまったところは枚挙のいとまがありません。

デジタルの力は偉大で、昔ならフィルムがもったいなくて躊躇していた写真にもチャレンジできます。
そんな力も借りて、昔の忘れ物を取りに行っているのかも知れません。
[ 2014/04/26 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/728-474742c3