小湊鉄道  花暦   その12     登校時間

kominato20140409_110take1b.jpg
  小湊鉄道  上総大久保    2014年4月



小湊鉄道は、地元の小中学生の通学列車でもある。

二人の中学生を迎える列車は、消え残った朝靄の中からやって来た。

いつもと変わらぬ、普段通りの一日が始まる。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/04/29 12:22 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

何気ないいつもの朝の風景

ホッとするような画にまとめられていますね。

こういう画大好きです、毎朝通う列車がこのキハだとはなんとも羨ましい。

桜も菜の花もきれいなところですね。
[ 2014/04/30 17:40 ] [ 編集 ]

ありふれた風景

popomanさま

かつては日本中津々浦々にありふれていた風景なのですが。
「その土地の日常をゆく鉄道」は永遠のテーマなのですが、
その昔は当たり前過ぎてあまりカメラを向けなかったのが悔やまれます。
逃してきたものを、今こうして取り返しに行っている気がします。

逆光線が作る空気感が好きです。大久保は朝夕の透過光に浮かぶ桜の、屈指の撮影地ですね。
[ 2014/04/30 21:58 ] [ 編集 ]

逆光

こんばんは。

これぞ逆光写真という作品ですね。
浮かび上がる桜や菜の花、
その立体感がなんとも堪りませんです。
順光ではこうはいきませんよね。
改めて写真は光を切り取るものだと思いました。
[ 2014/04/30 22:24 ] [ 編集 ]

屍累々

いぬばしりさま

逆光写真は大好きですが、露出の難しさといったらご存じの通り。
銀塩で風景写真を撮っていた時は、相手が動かないだけに段階露出で対処していましたが、
さすがに「鉄」ではそういう訳にもいかず、昔から屍累々です。
デジタルでの「事前確認」は、風太郎にとって天地がひっくり返る程画期的でありました。
[ 2014/04/30 23:02 ] [ 編集 ]

風太郎様

私が小湊鉄道撮影の動機となった駅
それはお写真にある 上総大久保駅です
今回は撮影には 行っていません
私が 憧れ続けてきた駅
その周りの景観は お写真にて初めて知りえました
桜花に覆われるがごとくの駅だったのですね
列車が走行する その下には 菜の花が咲いていたのですね
私が憧れ続けた上総大久保 
それは 私にとっては聖地です
行きたいような 行きたくないような・・・
見たいようでいながら 見てはならないような・・・
風太郎様のお写真にてその全貌を知ることになりました
やはり 素晴らしい景観の中にある駅だったのですね
私の憧れの駅は 春にはこれほどの色彩の中に存在する駅だったのですね

ホームだけの写真
そこにある駅名標に書かれた駅名はアングルによって
判断が出来ずらいように撮影されていました
必死で読み解いた「かずさおおくぼ」の文字
私の初恋写真 かずさおおくぼ駅
切ない思いがこみ上げます
初恋の人が このように想像通り素敵な人であったことが分かり 
自分の心に言ってあげたいと思います

「貴女の感性はこの駅に関しては少なくとも自信を持っていいのだよ」
 
[ 2014/05/01 07:27 ] [ 編集 ]

お初にコメントさせていただきます。古美術やかたさんのリンクに小生のブログもリンクされましたが、同じリンクカテゴリ―に、大好きな小湊鉄道のお写真の記事に目がとまりました。小湊鉄道の良さがすごく感動的に伝わる素敵な写真で感動いたしました。今後も訪問させていただきますので、よろしくお願いします。
[ 2014/05/01 13:03 ] [ 編集 ]

イマジネーション

りら さま

りらさんが絶賛されている大久保の写真、是非拝見したいものですね。
周囲に広がる森と、季節の花だけの駅ですが、何もない駅ほどイマジネーションが膨らみます。
その写真を撮られた方も、何か心の奥に響いたものを見事に映像化したのでしょうね。
この駅も通い続けていささかマンネリ気味なところもありますが、
溜まった垢を一度落として、クリアな目でこの駅を見つめ直してみたいと思っています。
りらさんの憧れの写真に負けないように。
[ 2014/05/01 21:31 ] [ 編集 ]

よろしくお願いいたします

yoshi2479 さま

初めまして。コメント有難うございます。

最近流行の「撮り鉄」ではない!と頑なに意地を張っていますが、傍から見れば立派に撮り鉄なんでしょうね。
別にデンシャに限らず、ココロに響くものに真っ直ぐ向かい合っていきたいと思っています。

ブログ拝見しました。本当に多岐にわたるご趣味のようですね。
とても全部を見切れませんでしたが、またゆっくり楽しませていただきます。

こちらこそよろしくお願いいたします。
[ 2014/05/01 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/732-b327334f