アナログ

DSC3614yourou2.jpg
   小湊鉄道  養老渓谷駅  2011年11月  

  
DSC3375shasho2.jpg
   小湊鉄道  車内  2011年11月


ICチップなんか要らないもんね。



このところ「小湊」のテンションが上がっていることもあり、先週土曜にまた行ってしまいました。

普段はクルマが多いのですが、3回に1回は「乗り鉄+徒歩」で撮りに行きます。

クルマでスイッと行ってしまえば肝心な鉄道にお金が落ちない訳で、苦境に喘ぐ鉄道会社への応援

の気持ちを込めて切符を買っています。歩くのはメタボ対策にもなりますし・・・。


ローカル線に揺られスローな時間を過ごすと、働く人々や駅の小物など、クルマではつい見落とし

がちな写材に巡り合えて、また良き哉。


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2011/11/30 22:14 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

ゴム印箱

風太郎さま

とても味があっていいですね!!
こんな写真が撮れるのも相当数が減りましたね。
[ 2011/12/01 07:22 ] [ 編集 ]

こんにちは。

こういう写材に飢えてます(^^;
やっぱり乗らないとダメですね。。。
車掌さんの手がふっくらとしていて温かみを感じます。
たくさんのハンコの入った年代物のケースの横に、
眠気スッキリ用のブラックガムが、
ケースがいまも現役であることを示唆していて、
わたし的にはすごくツボです♪
[ 2011/12/01 09:46 ] [ 編集 ]

出札口

狂電関人さま

出札口というか、大きなガラス窓から「撮ってくれよ」と見えたので。

実は直前まで箱の前にお札が高く積み上げてあったのです。

カメラを向けたら慌てて片付けていましたが(笑)
[ 2011/12/01 22:06 ] [ 編集 ]

ブラックガム!

rrrazurrr さま

いや細かいところまでよく観察されていますね。

そうですか・・・。絵的にガムだけが浮き上がっているように見えたので、
トリミングを散々画策した写真なのですが(^^;

確かにこれがあった方が「時の流れ」を感じさせるのかもしれませんね。勉強になりました。

鉄道って外から見ると、周囲の風景や車両など見るものがあり過ぎて単なる「絵作り」で1日
が終わってしまいがちですが、内側に入ると見るものが限られる分、ちょっと内省的になる
ような気がします。

時の移ろいとか、人の心の機敏とか、目に見えにくいもの。

また違う「鉄道写真」が見えていいものですよ。
[ 2011/12/01 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/75-e8db8a7e