こみなと好日  梅雨前線    その6

kominato20140622_157take1b.jpg
   小湊鉄道  上総大久保      2014年6月




終日降ったり止んだりの一日。それが梅雨の天気というものか。

雨が止んでいるのに油断して車から遠く離れた畑に傘も持たずにいたら、にわかに空を覆う暗雲。

突然降り出した篠突く雨のなか、逃げ込んだ野良の小屋の軒先からしぶとく撮る。



一雨過ぎたら西の空が明るくなった。明日は梅雨の晴れ間か。




(こみなと好日 梅雨前線  おわり)




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/07/08 22:11 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(14)

雨の景観

雨情シリーズ、しかと拝見させていただきました。
降雨には機材の取り回しが大変なのですが、
作品としてしまえば、雨の景観はやはり良いものです。
色乗りの悪くなるフィルム撮影当寺には、
ならば鈍色に発色させてやろう、と色々苦労したものですが、
深い緑も鮮やかさには、これもディジタルの福音かと。
[ 2014/07/09 00:29 ] [ 編集 ]

それぞれの季節にそれぞれの季節ならではの絵作りは風太郎さんならでは情景を醸して、「こみなと好日 梅雨前線」まさにどっぷりと堪能させて頂きました。感謝です。
[ 2014/07/09 00:52 ] [ 編集 ]

彩度

Wonder+Graphics さま

雨のコダクロームの彩度の低さには泣かされましたね。
その点、後のフジクローム系の彩度には驚かされたものです。
所詮コダクロームはカリフォルニアあたりの乾燥した晴天用の設計で、
日本の湿った風景には国産なのさ、という話にも膝を打つところがありました。

デジタルはそんな話も昔日のものにしてしまいますね。
[ 2014/07/09 20:59 ] [ 編集 ]

全天候

はせがわさま

有難うございます。

全天候を愛でる気になったのも、一度鉄道を離れてピュアなネイチャーに向かい合った経験が大きいと思います。
通い詰めた場所でもがらりと表情を変える自然の妙に惹かれます。
[ 2014/07/09 21:09 ] [ 編集 ]

これはムードある素敵な写真ですね。
このシリーズの完結にピッタリの画です。

いかにも雨に濡れた森の木々に今の季節感がしっとり写し込まれています。

良い写真をありがとうございます。
[ 2014/07/09 21:18 ] [ 編集 ]

風太郎様

春の桜花と菜の花の小湊物語
梅雨の紫陽花と木々の小湊物語
季節ごとに紡ぐ小湊物語

風太郎様の小湊の地 そこにある列車
その列車と共にある鉄道員の方々
それを愛する地元の人々

いつしか 雨降るこの地に私も佇んでいるかのような錯覚さえ覚える程でした

最後のお写真
森林の湿度まで風太郎様に味方してくれたようですね
列車のそれもまた 湿気を感じます
それは 決して不快なものではなく
むしろ 梅雨ならではの美的な光景を呈しています

風太郎様の今回のシリーズに影響を受けて 
初めて雨の中で先日 蓮の花を撮影しました
休日と雨の日 それが重なる日
列車に乗継 蓮池に行き
傘で防滴ではないカメラを守りながらの撮影でした
多大な影響を受けました
感謝の気持ちで一杯です
[ 2014/07/09 21:37 ] [ 編集 ]

普通の風景を

popomanさま

何処にでもある里山の木立なのですが、何となく深閑とした森の雰囲気があって好きな場所です。
雨脚を撮るのはなかなか難しいのですが、暗く沈んだ木立のお蔭でそれらしく写りました。
普通の風景をてらいもなく捉えた写真が一番強いと思っているのですが、
緊急避難で肩の力が抜けたのが良かったのかも知れません。
[ 2014/07/09 22:12 ] [ 編集 ]

色彩ばかりでなく

りら さま

雨中の撮影は楽ではありませんが、静かに内面と向かい合うような写真が撮れる気がします。
モノクロ写真と同じで、派手な色彩に惑わされない分、被写体の本質に迫るのかも知れません。

雨中の蓮ですか。
派手な色彩ばかり強調した蓮写真は食傷気味ですが、
沈んだトーンの中でどんな表情を見せるのでしょうか。
楽しみにしております。
[ 2014/07/09 22:21 ] [ 編集 ]

四季折々

こんばんは。

雨降る小湊シリーズ拝見させて頂きました。
鬱陶しい梅雨の頃も、風太郎さまの手に掛かると素敵な情景になりますね。
これで「こみなと好日」の空きスペースにピースが埋まったんですかね。
今度改めてHPの方で四季折々のお写真拝見させて頂きますね。
そして一つの路線を季節を通して撮影する姿勢を見習わさせて頂きます。
ありがとうございました。そして次回作も楽しみにしております。

[ 2014/07/09 22:24 ] [ 編集 ]

小湊の奥深さ

いぬばしり さま

小湊もかれこれ4~5年撮り続けていますので、同じ季節は何度も重ね、「雨の日」も二回り目ですかね。
それでも飽きず、新たな発見がその都度あるのはこの鉄道の奥深さでしょう。
車で1時間かからない近所に恵まれた幸せを噛みしめたいと思います。

放置状態のHPも少し更新したいと思います。

[ 2014/07/09 22:49 ] [ 編集 ]

空気感

風太郎さま

梅雨の重苦しい空気感が伝わってくる一枚ですね!

電関人も、梅雨の表現を色々模索してますが、
大いに参考にさせていただきます。。。
[ 2014/07/10 08:37 ] [ 編集 ]

敢えて雨の日

狂電関人さま

わざわざ雨の日を狙って出撃する写真バカにならないとなかなか撮れませんよ。
まあそういう心掛けに天も味方してくれるところはあります。
[ 2014/07/10 21:15 ] [ 編集 ]

シリーズ

大変参考になりました♪

梅雨らしい雰囲気が写真からみられ素晴らしいなあと♪

明後日は、兵庫県の作用のひまわりと鉄頑張ってきます。
[ 2014/07/11 23:50 ] [ 編集 ]

ひまわりですか

くるみさま

どんな天気でも被写体はあります。いや、くるみさんはとっくにご存知ですよね。

最近話題の佐用ですか。ひまわりの里でもあるのですね。
ひまわりはやっぱり太陽の下が似合いますかね。ご健闘を!
[ 2014/07/12 00:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/767-29c36f7e