こみなと好日  梅雨前線    その5

kominato20140622_031take1b.jpg
   小湊鉄道   月崎     2014年6月





「こういう天気だから、紫陽花も元気になるのさ。」と駅に居たおっちゃん。

鮮やかな彩りは晴天下でもきっと見事なのだろうけど、こんな雨の日、潤いを得てこその紫陽花なのかも知れない。

房総半島は名所の古刹も散在する紫陽花どころ。

小湊鉄道も誘客の仕掛けとして線路際にもっと植えたらと思うのだが。






kominato20140622_119take1b.jpg
    里見


kominato20140622_118take1b.jpg
    里見





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/07/06 19:20 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

一枚目のお写真
青系の西洋紫陽花の傍を走行する列車
花と葉を見ると 手入れが行き届いているとは思えません
この地に住む方の菜の花と紫陽花への想いの違いが明らかです
その花 あまり多くはないと思われる
紫陽花を アングルを考慮され
少しでも花が多く咲いているかのように描写されています
[ 2014/07/07 06:04 ] [ 編集 ]

アジサイ絡めて。

風太郎さま

今年はお預けです・・・。
[ 2014/07/07 07:41 ] [ 編集 ]

出来高

風太郎さんこんにちは!
素敵なこみなと便り
四季を感じさせてくれる
こみなと沿線
多分天気もイマイチ・・・
多分1日・・・

出来高という表現はおかしいかも
しれませんが・・・
そんな中で
これだけの作品を量産されるお力
素晴らしい限りです。。。

私は1日では
1枚が限界か(笑)
[ 2014/07/07 13:38 ] [ 編集 ]

こんにちは

憂鬱な時は憂鬱を描き、
心弾む日は弾んだように描く とかいう、
好きな作家のとある小説にこんなようなことが書いてあって
いつもいつもそれを思いつつカメラを持ってうろうろしています
そんなことができる感性もカメラの腕もないんですが

雨の日は雨の日なりのそのままのそのときを
撮る という ためいきでるぐらい素敵なお写真ですねえ

それに やっぱり こういういろのきしゃってこういう時もいいなあ と・・・つくづく思いますね
[ 2014/07/07 22:01 ] [ 編集 ]

さりげなく

りらさま

植物に疎く、どういう状態を手入れされているというのかよく分からないのですが、
ここの紫陽花は野生のままというか、ごく自然に咲いて枯れてを繰り返しているようですね。
見事な群落とは言い難いですが、このさりげなさもまた、ローカル線の傍らに相応しいかなあとも思うのです。
[ 2014/07/07 23:13 ] [ 編集 ]

紫陽花めぐり

狂電関人さま

確か都電詣でが恒例だったような・・・。
今年はお休みですか。
[ 2014/07/07 23:16 ] [ 編集 ]

ノリとテンション

happyヒロ さま

そうですねえ、月一ゴルフならぬ一月一鉄といったところでしょうか。
大概は家でごろごろの休日ですねえ。

ただ一旦撮りに出ると、夜明け前から日没以降まではほぼデフォルトで、一日が終わると疲労困憊です。
基本的にノリとテンションで撮るので、盛り上がった時にガーッと撮りためる感じですかね。

ただ寄る年波もありますし、一日一枚気に入った写真が撮れれば、というユルい撮影姿勢にも憧れはあるのですが・・・。

[ 2014/07/07 23:25 ] [ 編集 ]

森羅万象

jamさま

鉄道の写真から離れていた時期も長く、その間は大自然の妙に対する感性が遥かに必要なネイチャーフォトに凝っていました。

鉄道というある意味を持った記号も無く、素のままの自然に向かい合わざるを得ない中で、
森羅万象すべてにその場面にしかない美がある事を学んだ気がします。

いろいろ寄り道もしてみるものです。
[ 2014/07/07 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/768-ce791016