海原

hidaka3201310_036take1b2.jpg
   日高本線   厚賀      2013年




歪曲収差というより、本当に水平線が丸く見えたのだから仕方がない。

北辺の太平洋を眼下に、朝の列車が軽い轍を響かせながらやって来た。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/07/16 20:24 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

自然が創造した海と空の芸術
人間の英知が作りえた文明
計り知れない程の自然美の中にある
人工的であり且つ利便的である列車
それが違和感なく存在しています

海の色は当然のことながら均一でななく
空の色も同じことが言えます
今回のお写真 華があります
早朝 晴れやかなお心で太平洋を眼下に
列車を待たれていたことでしょう
お写真を拝見させて頂き 私の率直な感想です
[ 2014/07/16 22:14 ] [ 編集 ]

朝の光

りら さま

大自然の懐に抱かれた鉄道に魅惑されます。
また朝の光は体内時計を目覚めさせるというのが実感出来ましたね。

朝6:21、太平洋を見下ろす崖の上のひとときです。
[ 2014/07/16 22:59 ] [ 編集 ]

白と青の世界ですね。

一瞬ですが
波と列車が重なりました。

あの水平線の向こう側に
まだ知らない世界がいっぱいある。

ここを越えていこうと最初に思った人は
凄いですよね~
[ 2014/07/16 23:15 ] [ 編集 ]

ワイルドな景色

おぼろ さま

島国ゆえ海原を車窓に望む鉄道は珍しくありませんが、
北海道の片隅まで行くと人間が大自然に挑んだ痕跡がそのまま残るような、
粗削りな海辺の風景に出会う事が出来ます。

太古の日本さえ想像させるようなワイルドな景色の魅力は尽きません。
[ 2014/07/17 00:13 ] [ 編集 ]

海と鉄道大好きです、いま一番被写体にしたいと思っている題材かもしれません。

そうですか、水平線が丸く見えたんですか!
風太郎さんはいつも朝を大事にされているのですね。

[ 2014/07/18 09:53 ] [ 編集 ]

こんばんは

ご無沙汰しております。
少し寒い時期の御写真でしょうか?
蒸し暑いこの頃もあってか、とても清々しく感じますね。
私も久々に水平線が見たくなりました。
広島は来週には梅雨明けしそうなので、山陰にでも行ってみたいと思います。
北の大地へはどう考えても行けそうにないですし...。
[ 2014/07/18 22:38 ] [ 編集 ]

朝の愉悦

popoman さま

ネイチャーを撮っていた頃から朝は勝負時でしたから早起きは苦になりませんね。
また最近のローカル線は朝夕しかロクに走らないので朝を逃す訳にいきません。
空気も澄んでいますし、清々しい気持ちで鉄三昧の一日を始められますよ。

とにかく遮るもののない海原です。「地球が丸く見える」を実感しました。
[ 2014/07/18 23:11 ] [ 編集 ]

山陰の夏

山岡山さま

山陰、いいじゃないですか。
最近山陰を訪ねた人から「米子以西は何も変わっていない」旨を聞いて、行きたい病が頭をもたげているところです。
夏の山陰の透き通るような海景はまた格別ですからね。
宇田郷はこの夏一杯かかるとの事ですし、来夏の楽しみにとっておこうと自分を納得させています。

結局地の利がある所が一番気に入った写真が撮れるものです。
[ 2014/07/18 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/773-c97125a9