湊町

gonokitakanegasawa1198902b.jpg
   五能線  北金ヶ沢     1989年 




五能線の海沿いは駅毎に大小の湊町があって、その佇まいはそれぞれ異なる趣があった。

線路は町なかに埋もれてしまって見えない所の方が多かったが、ここ北金ヶ沢は線路と町、

そして日本海がひとつのフレームにきれいに収まるので好きな撮影地だった。

潮の香りと、少し生臭い魚の匂いが混然となった風に吹かれつつ、列車を待つ。

身を寄せ合うようなトタン屋根の元々派手な色使いも陰鬱なトーンに沈むのは、やはり五能の冬である。







  HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/07/26 23:26 ] 昔の旅 五能線 | TB(0) | CM(6)

北金ヶ沢

風太郎さま

数ある五能線の駅の中でも結構栄えた大きな町ですが仰るとおりその町並みはどこか北海道の港町のそれに通じるものがありますね!廣田さんだったか真島さんだったか並行する国道あたりから学校の大銀杏を入れた写真を思い出します!
[ 2014/07/27 15:53 ] [ 編集 ]

北東北の漁師町

狂電関人さま

北海道と北東北の漁師町の佇まいは確かに共通項がありますね。
ここもこの間行った時には不粋な電線が張り巡らされて極めて撮り難くなってしまっていましたね。

大銀杏の写真は良く覚えていません。駅舎脇の小学校ですかね。
[ 2014/07/27 17:50 ] [ 編集 ]

金ヶ沢

こんばんは。

アンダー露出が冬の五能をより「らしく」されておりますね。
私もここは「当り」を付けていたのですが、結構撮りにくくなっていましたよね。
でも、このお写真を拝見して行ってみたくなりました。
五能線、遠いんですよねぇ・・・
[ 2014/07/27 21:46 ] [ 編集 ]

日本海と家並み

いぬばしりさま

日本海と家並みの絡めるという点では屈指の撮影地でした。
国道からですからアプローチも極めて安直で良かったのですが。
不粋な電線には困ったものです。うまく避けて撮れる場所が探せばあるのかも知れませんが・・・。
[ 2014/07/27 22:40 ] [ 編集 ]

風太郎 様

民家すれすれに走行しているのですね
その路線と日本海の間を肩寄せ合おうかのごとく密集して建つ家並み
それは漁業の方々の家が多いように思えます
トタン屋根は屋根を軽くするための雪の多い地域の方々の思いからではとも考えました
様々なことを想うことが出来るお写真でした
[ 2015/08/11 06:48 ] [ 編集 ]

港町


りらさま

それ程雪の多い土地ではありませんから、瓦を避ける理由はよく分かりません。
経済的な理由かもしれませんが、全ての家が右へ倣えなのは地域の暗黙のルールもあるのでしょう。
生活感あふれる港町の風景と鉄道をすっきり絡められる稀有な撮影地でした。
[ 2015/08/11 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/777-254cad3a