焼石

ryokou201408_066take1b3.jpg
   高山本線  焼石     2014年8月





下呂温泉とくればここでしょ。一度撮ってみたかった場所。

例によって早朝旅館を抜け出し、ダム湖のほとりへ。


森の緑を静謐な湖面に映したシンメトリックな佇まいは、東山魁夷の白馬の絵を連想させる。

画面のシンプルな整理が容易な事もあって、日本の鉄道風景として屈指の美しさを誇る場所と思う。


しかしここに立ってうーんと唸ってしまったのは、列車編成が長過ぎる事。

単行あたりが一番似合うと思うが、始発列車でさえ2両編成、通勤通学時間帯に掛かれば4両編成でやって来る。

4両だってギリギリ入るけど金魚鉢で鯉を飼っているような絵になってしまう。

この構図の中で重要と思われる「間」が取れないのだ。


で、鉄道写真としては禁断の編成ブッタギリを採用してみた。

車両の色も「白馬」っぽくていいね。まあ旧国鉄気動車色塗装もやってきたのでおまけ。


早朝は風が凪ぐとの読みも当たって、朝飯前のちょっとおいしい時間。







yakeishi201408_048take1b.jpg




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/08/15 20:58 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(14)

おはようございます

お盆休み、私も月曜日に休みを取り、今日から明石へと帰省します。墓参りついでに北条鉄道を撮影に行こうかと思ってはいますが、あいにくの天気で...。小6の息子(甲子園マニア)から高校野球に連れて行けとせがまれておりますが、あいにくの雨予報では予定どおりやるかどうかも...。

さて、ここは鉄橋の色が保護色というか、スギ林と川の深い色になじんで良い感じですね。
高山本線はまだ行ったことがなく、密かに絶景ポイントが点在していると聞くので、いつかは行ってみたいと思っておりますが...。
私もぶった切りはよくやりますよ。
[ 2014/08/16 07:23 ] [ 編集 ]

焼石

風太郎さま

大学の春合宿を思い出します!

当時は此処でキハ82ひだを撮っています。
風太郎さんが居たかは??ですが・・・
[ 2014/08/16 07:39 ] [ 編集 ]

自然との調和

山岡山さま

此処に立った時、私もこの緑のガーターの連続にまず感動しましたね。

国鉄時代から受け継がれた鉄橋の色(主に深緑かエンジ)は、自然の色彩に素直に溶け込むところがあってセンスを感じますね。
自然美の中を走っている鉄道は、構造物だってそんな周囲との調和も考慮して欲しいものです。
磐西は山都の鉄橋の「まっきっきー」などは何をトチ狂ったのかと思ってしまいます。
[ 2014/08/16 23:51 ] [ 編集 ]

焼石とキハ82

狂電関人 さま

春合宿~、内緒で行ったんでしょ、全然知りません。
そうですねえ、キハ82が走ってたんですよね。あのカラーリングはまた映えた事でしょう。

まだ見ていないと思うのでUPして下さいよお。
[ 2014/08/16 23:55 ] [ 編集 ]

水鏡

美しいですね
おっしゃる通り、東山魁夷の世界を思わせます。

金魚鉢の中の金魚のよう・・・

それはそれで好きかもしれないので
見てみたかったな・・・と。

そんなの鉄撮りのプライドが許さない?^^

それにしても、なんて美しい緑でしょう。
吸い込まれてしまいそうです。
[ 2014/08/17 04:46 ] [ 編集 ]

被写体の都合

おぼろさま

鉄道はともすれば自然美を破壊する人工物でもあるのですが、
絶妙な調和を保っているように見える風景に出会えば、感慨を新たにするところもありますね。

現場ではパシャパシャ連写しているので、「金魚鉢」の写真も存在していますが、
やっぱり窮屈なのはヤだななあ、という想いを優先しています。

写真は被写体あってのもので、被写体の都合に合わせなければいけないのが辛いところですが、
そこを工夫で解決するのが楽しさでもありますね。
[ 2014/08/17 09:56 ] [ 編集 ]

今年の夏休み

こちらに行かれましたか。
湖面、背景、そしてガーターがすべて緑一色。
(役満じゃないんですが)
ここには朝日の輝きは不要ですね。
デジタルでないと光量不足に悩みそうですが・・・。
[ 2014/08/17 10:52 ] [ 編集 ]

朝の焼石

マイオさま

そうなんです。まあ温泉旅行にコソコソと絡めています。結局鉄はコレだけでしたが。

さすがに真横アングルなのでSSには気を遣いました。ISO1600の恩恵です。
朝の斜光線に川霧でもいっとくかー、と事前の期待はMAXなのですが、なかなかそううまくはいかないですし、
一回きりの訪問でそこまで恵まれたら今年の運を全て使い果たしそうなので遠慮しときます。ハイ。


[ 2014/08/17 17:31 ] [ 編集 ]

静寂

こんにちは!
この場所は大変好きな場所で
季節、天候関係なく
何度も行ってしまう場所です。。。

いつもいろいろな表情を
見せてくれるのですが
斜めからカットする?
真横からカットする?
広角?望遠?
線路の位置をどうする?
いつも迷ってしまい・・・
未だにゴールに辿り着けません(笑)

さすが風太郎さん!!
一発で仕留められましたね!!
[ 2014/08/18 00:10 ] [ 編集 ]

一見さん

happyヒロ さま

大勢の人が訪れている超定番撮影地で、一見さんがどこまで仕留められているのかも良く分かりませんが、有難うございます。

撮影ポジションが限られているというか、アングルのバリエーションには乏しいようにも感じましたが、
俯瞰その他、何度も通われている方はいろいろ開拓されているのでしょうね。
とにかく旅館の朝食までに帰らなければならないのでごくお手軽にお茶を濁してしまいました。

秋や冬にはどんな表情を見せるのでしょうか。
まずはhappyヒロ さんのお写真でインスピレーションを頂きたいですね。
[ 2014/08/18 01:00 ] [ 編集 ]

毎度の遅コメ、

失礼します。
高山本線の焼石、行ってみたいと思いつつも未だに実現できず…。
ここも近々キハ40系置き換えでステンレス気動車の導入が発表されているだけに、
色のある鉄道車両が育む山紫水明、食指が動きました。
[ 2014/09/01 22:18 ] [ 編集 ]

絶妙のバランス

32Count さま

既に行かれているかと思いましたが。噂に違わぬ場所でしたよ。
自然と鉄道が絶妙のバランスで調和しています。長い長いプレートガーターがまた役者ですしね。
ステンレス車の色気の無さでは興ざめですので急がれた方がいいかも知れませんね。
[ 2014/09/01 23:45 ] [ 編集 ]

風太郎様

湖の中にも森林があり 列車が走行しているかのように思えます
美しい場所なのですね
列車の中からの光景も どれほど素晴らしいものでしょうね
乗客の方々の感激した心まで写されているかのようです
[ 2015/07/29 06:07 ] [ 編集 ]

中から外から


りらさま

超有名撮影地の定番アングルなのですが、屈指の鉄道風景を一度は見ない事には。
一度車内から眺めた此処に感動したのが始まりなので、仰る通り中から見ても絶景ですよ。
もう一度行ってみたいとは思うのですが、車両は大分変っていそうです。
[ 2015/07/29 21:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/786-c11132b1