房総横断鉄道  稲穂の波    その4

isumi20140821_005take1b.jpg
   いすみ鉄道  久我原     2014年8月




いすみ鉄道側に移動して、大多喜以東2往復、以西1往復走る「単行キハ52」を撮る。本日の大本命。

キハ58の入線以来、52の単行はもう見られないものと諦めていたのだが、

夏休み企画として平日限定で走らせてくれる、いすみ鉄道の男気に応えない訳にもいくまい。


この日の気温は34℃。

真夏の竹林はもっさりうっとおしく、タラコ色との取り合わせはさらに気温が上がりそうな暑苦しさだが、

これも遠い夏の日に見た、国鉄ローカル線のデジャビュと許そう。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/08/30 12:01 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

竹林

風太郎さま

やはり竹林に反応いたしましたね!
でも同じ暖色系なのに、国鉄ツートンと首都圏色だと
その体感温度が5度以上違うように思うのはなぜでしょうね?
[ 2014/08/30 16:08 ] [ 編集 ]

木原線を再現

狂電関人さま

反応しなくとも竹林だらけですからね、房総は。
せっかくの単行なのにブツ切lりは不本意ながら、キハ20ぽく見えるからかつての木原線を再現、とはケガの功名ですな。

タラコはちょっと鹿児島交通の暑苦しさも連想してしまいました。
[ 2014/08/30 18:04 ] [ 編集 ]

:風太郎様

本日の大本命・・・
それは お写真が証明しています
竹林から 抜け出してきた 列車
期間限定 走行も数少ないですよね
撮影地を探され 時刻表を調べ 待機されていた時
この列車が現れた時 それは緊張されたことでしょうね
緑の中の赤
真夏の雰囲気感じます
[ 2015/07/15 07:23 ] [ 編集 ]

心頭滅却すれば


りらさま

鉄橋を渡る列車は一瞬見えるだけで両側がブラインドですから、僅かなミスショットも許されません。
列車の轍に耳を澄ます時間にも汗が滴るような猛暑の日なのですが、
心頭滅却すればの例え通り、集中は一瞬暑さを忘れさせます。そんな緊張感も鉄撮りの醍醐味かも知れません。
[ 2015/07/15 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/793-0bc9b86e