房総横断鉄道  稲穂の波    その5

isumi20140821_019take1b.jpg
   いすみ鉄道   久我原      2014年8月





猛暑とはうらはらに何か秋っぽい青空が広がった日でもある。

土地勘に乏しいいすみ沿線ながら、久我原の鉄橋まわりでなかなかいい場所を見つけた。

金色の稲穂、どこまでも高い空、走り抜ける国鉄色。

かつて何処にでもあった、正しいローカル線の風景である。


いすみもこうして見ると小湊に勝るとも劣らぬロケーションを持っているね。

車を捨て何の変哲も無い田舎道に迷い込むと、昔の徒歩撮影の妙味が蘇る。

4種踏切の小径は、高くなった太陽の眩しい照り返しのなかにあった。







isumi20140821_028take1b.jpg




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村




・・・・・・・・・・・・・・・・。





doara3b.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





スポンサーサイト
[ 2014/08/31 21:20 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(12)

ありがとうございます

こんばんは。

これは素敵なお写真ですねぇ。
コントラストの強い画がこの日の陽気を思い出されます。
でも、このお写真を拝見して中野入線を撮れなかった事に
またまた後悔しきりです・・・
でも、本当のお気に入りは2枚目だったりもして。

あっ、三連勝有難う御座います。
今年は本気で狙ってます(笑)
[ 2014/08/31 22:50 ] [ 編集 ]

勝浦から大多喜街道を上ってきて途中左に別れ、その先で465号線に入ると、右に夷隅川を挟んで大きく視界が開け、金色の穂並みが続く雄大な景色が記憶にあるのですが、多分その辺りではと思いながら拝見しました。
[ 2014/08/31 23:05 ] [ 編集 ]

いすみ侮り難し

いぬばしり さま

滅多に使わないPLを持ち出してみたら、コントラストが付き過ぎてあざとくなったかも知れませんね。
でも記憶色としてはこんな感じです。本当にいい天気でしたね。
いすみ、これまでほとんど足を運ばなかったのですが、侮り難しという気持ちを新たですね。
次回は細かくロケハンしてやろうかとか、テンション急上昇です。

まあ負けたのが広島なのが幸いというものです。マジで優勝してもらいたいです。
来週の首位攻防戦、盛り上がるでしょうね。3タテ食わせて下さい。
[ 2014/09/01 00:05 ] [ 編集 ]

ビンゴです。

はせがわ さま

このあたりは本当に土地勘が無いのですが、ご指摘の道路を地図で辿れば・・・・。
ほぼビンゴのようですね。久我原の総元寄りの鉄橋のあたりです。
小湊よりもさらに素朴な感じの里山に惹かれました。結構ハマりそうです。
[ 2014/09/01 00:13 ] [ 編集 ]

国鉄末期のローカル線

風太郎さま

なんだかタイトルの時代に舞い戻ったような錯覚に
陥ります。
当時乗り鉄だけで終わってしまった、なんでもない
盲腸線の数々・・・。惜しいことをしました。
[ 2014/09/01 13:04 ] [ 編集 ]

まさに昭和の風景、

黄金色に色づく稲田をかすめて走るタラコ色キハもさることながら、
二枚目の4種踏切を渡ろうとしている女性のカット、とてもそそります。
撮ろうとして撮れるものではないだけに、
いすみの写真の神様、微笑んでくれましたね。
ナイスです。
[ 2014/09/01 22:27 ] [ 編集 ]

ありふれた風景

狂電関人 さま

今となっては贅沢な話ですが、タラコがどうもしっくり来なかったのか、
盲腸ローカル線など実はあんまり行っていないんですよね。
こんな感じだったのかなあと、再履修という感じでしょうかね。
多分全国津々浦々に余りにありふれた風景だったはず。
[ 2014/09/01 23:25 ] [ 編集 ]

生活の目線

32Count さま

最近は横着が入ってあまり車から離れないようにしているのですが、
ふと見つけた田舎道は車を捨てて迷い込みたい衝動に。
その土地の生活者の目線になれば、意外な幸運もあるもので。
[ 2014/09/01 23:31 ] [ 編集 ]

この色は

なんかかつてのコダクロームを彷彿と
させてくれる発色ですね。
それにしても、ようやく勝ちました。
8回9回で逆転とは、昔のドラゴンズが
少しはよみがえったかな?
又吉9勝目で新人王の目もなんとか・・・。
[ 2014/09/02 22:39 ] [ 編集 ]

意外性

マイオ さま

コダクロームは乳剤が嵌まると、群青色のような青空になりましたね。
いずれにしてもこの地味な発色のフィルムがねえ、とその意外性に仰天したものです。

意外性と言えば端から当てにしていなかった伊藤準規が何とか形になったのが嬉しいです。
捕手小田が良かったか? 谷繁・森の雷ばかりでは潰れてしまう現代っ子なんでしょうか。
明後日は恒例の神宮ネット裏観戦に行って来ます。この状況下でファンの鑑でしょ。
[ 2014/09/02 23:15 ] [ 編集 ]

風太郎様

1枚目
晴天を思わせる空の色が綺麗ですね
この周辺は稲作が殆どのようですね 千葉の米どころのようですね
周りは森林 草に覆われるがごとくの線路
この地域の個性がよく表現されているかと思います
私はこの地にいったことはないのですが 今はブログ継続されていないブロ友さんの親戚がこの地域にあり お話しをよく伺っていました

2枚目
この地域も農業の高齢化が進んでいるようです
それをよく表現されているかと思います
[ 2015/07/14 06:59 ] [ 編集 ]

デジャビュ


りらさま

黄金の稲穂、高い空、ここまで役者が揃っては撮らない訳にも。
そんな風景の中をゆっくり通り過ぎるキハは、かつて日本中にありふれた風景だったはずです。
いすみ鉄道のファンサービスというか、マーケティングが作った風景なのですが、
それでも遠い日のデジャビュと涙してしまうのです。
[ 2015/07/14 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/794-b04b5393