晩夏

douhoku20128D700_020onnenaitake1b.jpg
   宗谷本線  恩根内    2012年




実は結構暑い、北海道の夏の日。

それでも陽がアンバーに傾く頃、地平に延びる線路の向こうから、かすかに冷気を感じる風が抜けたりする。

短い夏が、終わろうとしている。







HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
 
    
スポンサーサイト
[ 2014/09/11 21:18 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)

そう思って見るせいか小湊鉄道とはひと味違う趣がありますね。
銀色に見える車体が美しいです。
[ 2014/09/12 10:55 ] [ 編集 ]

宗谷本線。

風太郎さま

今のところ、乗っただけの宗谷本線。
天北線や興浜南北線のように撮らないまま終わりにしないようにしないと・・・(汗)
[ 2014/09/12 16:35 ] [ 編集 ]

北辺のステンレス

はせがわさま

ステンレス製の車両ですので銀色そのものですね。もう25年位前から走っていますかね。
昔の車両に慣れた目からは、都会の電車が走ってきたようで、
「ローカル線、もう写真にならんわ」と一度は放り出すきっかけになったような車両なのですが、
25年経ってみると、そこかしこにくたびれも見えて、何となく風土に馴染んできた気もするのは不思議です。

どこを撮ってものほほんとした風景に写る房総に比べ、厳しい北辺の風景は、どこか凛とした緊張感がある様にも思えるのですが。
[ 2014/09/12 20:53 ] [ 編集 ]

長期取材のススメ

狂電関人 さま

これからは時間も比較的自由になるでしょうし、北辺の地をワイルドにさすらい歩く長期取材を敢行しては如何でしょう。

ちっとはお付き合いできると思いますが。
[ 2014/09/12 20:56 ] [ 編集 ]

風太郎様

空と山並みと草だけが沿線に続くかのような気持ちになる線路の上
走行する宗谷本線
建造年齢がいったそれはもはや貫禄さえ出ているようです
悠然と走る北の大地の列車感じます
[ 2015/07/05 19:18 ] [ 編集 ]

北の大地


りらさま

北海道の大地は空も地も、やはりスケールが違います。
それに引き替え、か細い線路も一両きりの列車も心許ないようなのですが、
ここに鉄路ありと精一杯主張しているようで健気でもあります。
有名撮影地でもなんでもありませんが、斜光線の大地を行く列車に心躍りました。
[ 2015/07/05 22:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/801-be72edcc