早く!早く!

tsugarukanagi021198401b.jpg
   津軽鉄道  金木   1984年




金木駅の本屋は線路を渡った向こうにあって、のんびりしているお客が居るといつまで経っても発車できないのだ。

ストーブの煙は風に舞い、ディーゼルエンジンの回転数は上昇する。

軽いヘビメタのお兄さんも、早く!早く!






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

風太郎様

とってもいいな・・・・と思います
青春が弾けています
その顔が・・・
その足幅が・・・
「 こんな瞬間 私も撮りたい 」・・・と思うことが出来るお写真です

紡木たく原作 大ヒットコミック ホットロード
別冊マーガレット 1986年1月号から1987年5月号まで連載
2014年映画化 8月公開 鑑賞しました
鑑賞後 原作文庫版全2巻 購入 読みました

お写真 撮影時と重なります
地域は違っていても・・・・湘南と雪国の異なりはあれど・・・
同じ青春の香りがします
[ 2014/09/17 21:27 ] [ 編集 ]

男が男らしく

りらさま

当時このあたりまで来ると、東京ではとうに見られなくなったガチガチポマードのリーゼント頭に出会えたものです。
男が男らしく、女が女らしく、というウエストサイドストーリーを地で行くようで、面白かったですね。
今は全く都会と同じのミニスカート女子が闊歩しています。もう「地域性」という奴は期待できないのでしょうか。

雪のスロープを駆けて行けるのはやっぱり雪国の人です。
都会人が真似すると宙を舞って尻もちをつきます。風太郎も経験多数。
[ 2014/09/17 21:58 ] [ 編集 ]

居た居た・・・

風太郎さま

当時の津鉄、ロックンローラーなお兄ちゃんたちが
結構いましたねぇ。
[ 2014/09/17 22:55 ] [ 編集 ]

津鉄のあんちゃん

狂電関人さま

眉にもこめかみにも剃りが入っているし、目を合わせないようにしていましたねえ。
多分、話せば朴訥なあんちゃんだったろうと思いますが。

先日ローカル線巡りの旅番組で津軽鉄道がやっていましたね。
乗客の高校生はやっぱりフツーでしたねえ。
[ 2014/09/18 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/806-2faff2aa