待ち人を待つ

iiyama201305_251take1b.jpg
      飯山線  桑名川     2013年





更けゆく夜。

誰も乗らない列車が去ったあと。








HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/09/25 21:19 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(8)

静寂

こんばんは。

列車が去った後の静寂感が漂うお写真。
主を待つ椅子が何か物語っているようです。

モノクロが演出する光りと影。
ここに居るような錯覚を覚えますよ。
[ 2014/09/25 23:01 ] [ 編集 ]

光と影

いぬばしりさま

ありがとうございます。

都会の駅は明る過ぎて、田舎の駅は暗すぎて、なかなかちょうどいい頃合いに当たらないのですが、
奥信濃で見つける事が出来ました。

心に沁みる様な駅の光と影にもっと出会いたいです。
[ 2014/09/26 00:07 ] [ 編集 ]

この駅舎は私の事も待っててくれるでしょうか…。
どことなく物寂しげな中に、ベンチの安堵感が見え隠れするようです。
[ 2014/09/26 02:35 ] [ 編集 ]

はじめまして

風太郎さま、はじめまして。こあらまと申します。
作品を楽しみのしている現役蒸気末期世代の読者です。煙消滅後、細々とローカル線撮影をしていましたが、10年程前、たまたま小海線にカメラを向けたのがきっかけで復活。小海線をホームにローカル線や復活蒸気を撮っています。
ローカル線を撮られる方々は皆そうだと思いますが、走って来る車両を云々するより、線路や駅がそこにあることの方が重要ですので、そういうスタイルで撮られている方々の画に惹かれてしまいます。ただ、蒸気と国鉄色のキハ・DLだけは車両への入れ込みが捨てきれませんね。
飯山線と小海線はJR東・長野支社の兄弟非電化ローカル線で、このベンチも共用です。なかなか捉えどころのないベンチで難しい被写体と思っていましたが、こういう手がありましたか。感心頻りです。
これからも、よろしくお願いします。更新を楽しみにしております。
[ 2014/09/26 12:55 ] [ 編集 ]

ベンチの夜

おぼろさま

そりゃあもう、待っていますとも。
民間企業化されてなにやら敷居を作るようになってしまいましたが、
かつて国鉄の駅と言えば税金で作られた国民の共有財産、本当のパプリックスペースでした。
このホームもかつては大勢の人で賑わったでしょうが、今は寂しい限りです。
このベンチも夜毎寂しい時を過ごしているのだろうと思います。
[ 2014/09/26 22:40 ] [ 編集 ]

初めまして。

こあらま さま

初めまして。コメント有難うございます。

いわゆる撮り鉄に分類されるのでしょうが、どうもピンと来ないのが正直なところです。
昔から車両にはあまり興味が無く、どういうジャンルの写真なのか、
誰からもあまり理解されないような写真ばかり撮っていましたので。

でも最近のゆる鉄ですか、新しいジャンルが出て来たようで、
分かり難い写真を理解して下さり、いろいろ応援していただける方が増えているのは嬉しい限りです。

ベンチは長野支社共通仕様ですか。
かつての木造上屋や国鉄ベンチの桑名川も知っているだけに、新しいベンチはちょっとがっくりなのですが、
贅沢を言っていると撮るものが無くなってしまいますからね。

小海線もとんとご無沙汰ですが、再開拓してみたいと機を伺っております。

[ 2014/09/26 22:52 ] [ 編集 ]

風太郎 様

もし・・・
この光景を昼間撮影したとしたら・・・
魅力を感じることはなかったでしょう
白熱灯ではなく蛍光灯に照らされた近代的な椅子
それは 絵画的には モダンアートを思わせます
夜間ゆえなる 芸術作品でしょう
風太郎 様がこの光景を・・・
昼間撮ることはないことは・・・
よく理解しています
夜間でもカラーで撮ることもないことも・・・
[ 2014/09/27 06:50 ] [ 編集 ]

舞台

りらさま

仰る通り、モノクロームならではの被写体と思いました。
地味なローカル駅ではありますが、上屋の柱とかホームとか、それなりに色はあるもので、
それらは整理してしまった方がこの光と影を強調できるかと。

ローカル駅は夜になると闇に沈んで、灯りのある所がまるで舞台の書割のように浮かび上がります。
本当は演じる役者が居ればなおいいのですが・・・。

駅ってなかなかに奥深い被写体です。
[ 2014/09/27 11:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/815-1af7a791