norikuraichinose120021019b.jpg
   乗鞍高原  一之瀬園地     2002年




20年近く「撮り鉄」を離れていた時代の写真もボチボチと。


645判のポジ撮影だが、デジタルでいじったろーと言われそうな色。

でもこれが見たままに近い。深まりゆく高原の秋。

大自然の装いは、時に経験則の殻を軽く打ち破ってしまう。

そんな一期一会を求めて。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/10/05 20:45 ] 自然風景写真 | TB(0) | CM(4)

自然力

風太郎さま

自然の色には、時々ハッとさせられますね!

折角手に入れたディスタゴン50は週末の天気がずっと今一で
まだ出動していません。。。
[ 2014/10/05 22:44 ] [ 編集 ]

ディスタゴン

狂電関人 さま

広角で撮るスクエア画面は、情報が詰まっている割に冗長なところが無くて好きです。
鉄には使いづらい画角かと思いますが、さて被写体は。
[ 2014/10/06 00:11 ] [ 編集 ]

風太郎様

「20年近く「撮り鉄」を離れていた時代の写真もボチボチと」
是非拝見させて頂きたいです
今から楽しみです
以前から アップされることを願っていました

鮮やかな朱色に驚きを覚える程です
森林の中
一本の大樹の存在感が顕著ですね
早朝から 森の中から シンフォニーが聞こえてきました
[ 2014/10/06 04:35 ] [ 編集 ]

写真道楽

りらさま

振り返れば、鉄道を撮っていた期間よりもこういう写真を撮っていた期間の方が長い訳で。
鉄道絡みの写真を楽しみにして来て下さる方には申し訳なくも思うのですが、
若い頃の鉄道の写真→その後の自然風景写真は結局一本の線上にあって、どちらが欠けても今現在は無いように思っています。

そんな写真道楽人生の流転も汲んでいただけたらなあと思いつつ。
[ 2014/10/06 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/819-b333b59d