秋雨の下    その1

isumi20141005_079take1b.jpg
    いすみ鉄道  久我原     2014年10月




季節遅れの台風が迫って、秋雨前線が俄かに活気づいたようだ。

穏やかな秋霖は、やがて少しづつ雨脚を強めていく。

空を覆う雲の下、国鉄色は重い大気を割って。







isumi20141005_012take1b.jpg
    いすみ鉄道  総元     2014年10月




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/10/09 19:34 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(10)

雨の風景

こんばんは。

日曜日に行かれた時のお写真ですね。
それにしても雨模様を巧みに捉えており、
「さすが風太郎さまっ」て唸っちゃいました。

一枚目の雫も、落ちるギリギリの大きさで
とっても印象的ですし、二枚目のお写真だって
「晴れ」ではこんな峡谷っぷりにはならないですものね。
雨の中、フットワークを効かせて撮影される
風太郎さまはやはり凄いですね!
[ 2014/10/09 21:49 ] [ 編集 ]

少しひんやりした秋の雨の日の雰囲気が伝わってまいります。

晴れを期待するあまり、最近の私はなかなか撮影に出ない日が多い訳ですが、そんなことにこだわってると季節が1つ過ぎてしまいそうで...。
しかし、今度の台風もかなり大きいようで心配になりますが、早く気候が安定してほしいものです。
[ 2014/10/09 22:05 ] [ 編集 ]

雨のご利益

いぬばしり さま

そうです。大荒れになる前日です。(笑)
雨の日は普段何でもない風景を結構ドラマチックに変えてくれるので、いつもご利益をいただいています。
仰る通り何でもない里山が深山幽谷のように見えて来るから不思議です。

少しづつ強くなる風に傘を吹き飛ばされそうになりつつ、濡れ鼠であまりお見せできる姿ではありませんが・・・。
[ 2014/10/09 23:36 ] [ 編集 ]

「雨の日」の魅力

山岡山 さま

雫はなかなかワンショットでは撮れないので、しつこくへばりついて撮っている様は外から見たら奇特なものでしょうね。

台風の災害で大変な目に会っている人も多い中、不謹慎ではありますが、「雨の日」の魅力は捨て難いです。

今度の台風、本当に大きいようですね。ご無事をお祈りしております。
台風一過の後は、爽やかな秋晴れに恵まれるでしょう!
[ 2014/10/09 23:43 ] [ 編集 ]

雨の夷隅。

風太郎さま

相変わらずの雨狙いご苦労様でした。。。

2枚目。なんだか全国に28・58急行が蔓延っていたあの頃を
懐かしく思い出しました!
北海道遠征のリフレッシュ感もとっくになくなり
早く次のガス抜き旅に出たい心境です。
[ 2014/10/10 09:25 ] [ 編集 ]

ニッポンの気動車

狂電関人 さま

58系って、10系や20系と並んで「ニッポンの気動車」という感じですね。
この国の風土にこれほど寄り添った車両も無いかと。
いすみでは58と52のペアで走っていますが、何となく違和感のある編成全部より、
58、52それぞれの頭だけで急行風、ローカル列車風と撮り分ける裏技も発見しました。
[ 2014/10/10 22:09 ] [ 編集 ]

にくい

とまれまよは…いつもあお空でしたか、考えてていませんでした!!

流石です(*^^*)

明日、明後日…台風どうですかね!

風太郎さんも気を付けて!!
[ 2014/10/12 19:15 ] [ 編集 ]

手持無沙汰の時間

くるみさま

列車間隔が長いローカル線、手持無沙汰の時間にキョロキョロすればいろいろなモノが見つかりますよ!

台風、心配ですね。
この時は関東地方はまだまだと分っていましたが、今度ばかりは神妙にしていますよ。

くるみさんもご無事をお祈りしております。
[ 2014/10/12 21:05 ] [ 編集 ]

風太郎様

1枚目
鐵道標識にある滴
それは今まさに落ちんとする間際です
この一滴の存在感は大きなものがあります

2枚目
いすみ鉄道はこれほどまでに山深いところを走行しているのですね
拝見する者にとっては 景観美ですが・・・
この線路を造成した方々 また運転されている方々
多くのご苦労があったことでしょうね
 
[ 2015/07/03 19:42 ] [ 編集 ]

雨のマジック


りらさま

所詮房総半島ですから低い丘が連なっているようなもので、山深いという印象も無いのですが、
やはり雨のマジックは山霧と共に深山の趣を演出してくれますね。
雨の日はいろいろ大変ですが、こういう風景に出会えるから止められません。
[ 2015/07/03 21:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/821-772ab90a