秋雨の下    その6

isumi20141005_095take1b2.jpg
   いすみ鉄道  久我原     2014年10月





強まる風に竹林が揺れる。

雨のカーテンの向こうから飛び出すのは、古き良き気動車。

紫煙もまた、風に乱された。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/10/18 21:58 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/18 22:45 ] [ 編集 ]

雨写真

風太郎さま

さすがに雨狙いとあって、執拗に撮ってますね!
さぞずぶ濡れだったのでは・・・!
[ 2014/10/18 23:10 ] [ 編集 ]

鍵コメさま

鍵コメさま

こちらこそ。今日はお会いできて良かったです。
立ち話では無く、ゆっくりお話ししたかったですが、それはまた次の機会という事で。
[ 2014/10/19 00:19 ] [ 編集 ]

居合い抜き

狂電関人さま

さすがにズブ濡れはいやなので、撮影ポイントはクルマをすぐ脇に停められるところを選び、
通過ギリギリまで車内で待って居合い抜きというところですね。
[ 2014/10/19 00:23 ] [ 編集 ]

風太郎様

竹は これほど 大きくなるものなのですね
列車が走行している場所よりも
ずっと下から 伸びてきているのですよね
それが 風によって 列車を覆うかのように思えます
心配に思える程です
線路が見えない程 草が多いです

秋雨の中こその光景
この日 この時 この時間帯ならではの撮影
凄く 感激しました
いすみ鉄道撮影は 到底私には 出来ないです
でも いすみ鉄道は 風太郎様とお会いする以前より 
ある事情があり憧れでした
お写真で拝見出来ること
とても嬉しいです
[ 2014/10/19 22:39 ] [ 編集 ]

豊かな時間を

りらさま

竹は細い幹でありながら、仰るように本当に大きくなりますね。
それでもしなやかに風をやり過ごす様は、竹の持つ強さを感じる時でもあります。

いすみの写真、喜んでいただいて嬉しいです。

野暮天な風太郎はりらさんのようにお洒落なprivate lifeのひとときは持ち合わせませんが、
お写真を拝見するなかで豊かな時間を少し分けて頂く事が出来ます。

写真の構成も見事なら、妹さんのエピソードには泣かされました。
[ 2014/10/19 23:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/827-128bc7b3