旅のたまゆら   序の二十四

gono20140202_137take1b.jpg   
   五能線  驫木    2014年




旅のたまゆら、刹那の光。
   

トタン屋根を打つ雨音。

枯れ野がざわりと揺れる。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/10/30 20:43 ] 旅のたまゆら | TB(0) | CM(4)

風太郎様

とどろきえき・・・と読むのですね

日本海に面し
時化の時には波がかぶることもある・・・とのこと

お写真
ホームの光景は 窓ガラス越しに見ているかのような 
不思議な想いにとらわれます

もしかしたら 駅舎の待合室からの
撮影でしょうか・・・
 
間違っていましたら ごめんなさいね

私の見間違いのようでしたら・・
お手数ですが お時間ある時教えて下さい
お願い致します
[ 2014/10/30 21:21 ] [ 編集 ]

アンニュイ

りらさま

駅舎のガラス窓越しに撮っています。
窓に付いた雨粒模様が、この駅のアンニュイな雰囲気をより強調してくれるかなあ、と。

雪を期待して行ったら季節外れの雨で、本当にアンニュイだったのですが、
そんな気分も写ったらなあとシャッターを切りました。
転んでもタダでは起きません。
[ 2014/10/30 21:41 ] [ 編集 ]

驫木冬の雨

風太郎さま

またこんなのをと思ったら、つい今年の1枚でしたか!?
アンニュイ感たっぷりで・・・(笑)
[ 2014/10/31 14:04 ] [ 編集 ]

チャレンジング

狂電関人さま

どんな状況でもモトは取ります(笑)

フイルムけちり気味の昔はなかなかチャレンジングな写真は勇気が要りましたが、
デジタルだったら心置きなく被写体と向かい合えますし、
モニター画像がイマジネーションを与えてくれる事も有ります。

いい時代になったもの。
[ 2014/10/31 21:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/830-3f041c71