こみなと好日  秋は水くさく。      その3

kominato20141123_083take1b.jpg
    小湊鉄道  上総大久保      2014年11月





快晴無風。陽はだいぶ高くなった。

谷底を這うように淀む雲海が切れるが早いか、列車が早いか。

ままならぬのが鉄道撮りの宿命と分っていても、つい写真の神様にお祈りしてしまう一瞬。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/12/11 20:30 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(13)

絶景!

切れていく雲海と優しく差し込む光の中をゆっくり走っていく気動車。
見入ってしまう一枚です。
[ 2014/12/11 21:21 ] [ 編集 ]

降臨しすぎ

こんばんは。

これは凄いですね。朝日に輝く雲海、堪りません!
前回のお写真と言い、あの日は傑作を量産されたのですね。
私も朝から出撃すればと後悔しきりです。
それにしても写真の神様、降臨し過ぎです(笑)
[ 2014/12/11 21:57 ] [ 編集 ]

紙一重

AE86さま

有難うございます。

俯瞰のオーソリティーであられるAE86さんもご経験ありやと思いますが、
ドラマチックな雲海も、なーんも見えない写真と紙一重だったりするもの。
最後までやきもきさせましたが、何となく神様は微笑んでくれたようです。
[ 2014/12/11 22:51 ] [ 編集 ]

雲海の朝

いぬばしり さま

久保の朝日も未練たらたらだったのですが、
ぼやぼやしていると狭いこの場所を取られちゃうと、かなり早くから駆けつけました。
里見以遠はご存知の通りまず下り始発が通って、折り返しのこの上り始発列車が通るのですが、
下り始発の時間は雲の絨毯しか見えませんでした。
慌てて「下界」に降りて下りを押さえた後、再び登った次第です。
結局誰もここへ来ませんでした。
此の場所、結構雲海は出まくる気もしますよ。いぬばしりさんも次回は是非早起きを!
[ 2014/12/11 22:59 ] [ 編集 ]

素晴らしい

言葉がいらない
素敵な写真ですね!!

写真の神様
たまにお会いする事がありますが
なかなかお会い出来ないですからね~

何よりも
日頃の行いと
早起きしたご褒美ですね。。。
[ 2014/12/12 13:11 ] [ 編集 ]

ジレンマ

happyヒロさま

有難うございます。
日頃の行いはあまり良くないと思いますが、チャンスそのものは万人に与えられる訳で。
与えられたチャンスを取りこぼさぬようにと考えると、
結局いつもの路線ばかりになってしまうのが、最近のジレンマですねえ。
[ 2014/12/12 21:09 ] [ 編集 ]

風太郎さま、

今年も上総大久保の霧、
キメられましたね!!
いや〜、こんな雲海の下を走る鉄道風景、
信州でもなかなかお目にかかることはままなりません。
気動車の昭和チックな塗装とともに一度お目にかかりたいものです。
[ 2014/12/16 22:07 ] [ 編集 ]

不思議な場所

32Countさま

有難うございます。

前回撮ったのは桜の時期なので半年ちょっとしか経っていないんですけどね。
この場所、標高は本当に100mちょっとの所らしいですが、雲海はしょっちゅう出ているのでは、という印象です。
この20分前まで視界ゼロの雲海だったんですよ。
千葉も内陸部ですので、想像以上に寒暖の差が激しいのかも知れません。
不思議な場所です。
[ 2014/12/16 23:35 ] [ 編集 ]

おはようございます。
幻想的なお写真に見入ってしまいました。
他の方もコメントされていますが、言葉を超えるような表現の豊かなお写真ですね。
小湊鉄道は、近郊ゆえにいつでも行けると、つい後回しにしてきてしまった路線です。丁寧に列車と沿線を探索しに行きたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
[ 2014/12/19 08:53 ] [ 編集 ]

おはようございます。
幻想的なお写真に見入ってしまいました。
他の方もコメントされていますが、言葉を超えるような表現の豊かなお写真ですね。
小湊鉄道は、近郊ゆえにいつでも行けると、つい後回しにしてきてしまった路線です。丁寧に列車と沿線を探索しに行きたいと思っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: kazetabiki.blog41.fc2.com/
[ 2014/12/19 08:54 ] [ 編集 ]

自然と共に

風旅記さま

有難うございます。

自然は偉大な演出家です。
その掌の上で踊らされているのかも知れませんが、
せめて与えられたチャンスは確実にモノにする努力は怠らないようにと念じています。
通えば通う程味が出る鉄道です。是非じっくりと撮り込んでみては。
[ 2014/12/20 00:02 ] [ 編集 ]

:風太郎様

俯瞰撮影ならではの醍醐味ですね
自然は変幻自在にその姿を刻一刻と変化させていきます
まるで天上界を走るかのごとくの列車
たゆまぬご努力あってこそ この光景を手中に収めることがお出来になれたのだと確信しています
[ 2015/06/18 20:03 ] [ 編集 ]


りらさま

たゆまぬ努力という程日頃の努力はしていませんが、一期一会の大自然の妙との出会いをモノに出来るかは、
気象を読み、最適な場所をイメージする瞬発力が試されますね。後は写真の神様の手にある「運」。
運は呼び寄せるものなのかも知れませんが。

全く線路が見えない程真っ白だった朝霧がみるみる切れてきました。
写真を道楽にしてて良かったという一瞬があるから止められません。
[ 2015/06/18 21:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/855-d5bf7244