北国街道  その5      離合

shinetsu1201412_123take1b.jpg
   信越本線  米山      2014年12月





今回の信越本線詣で、実はとんだスカ撮影だったというのが正直なところである。

もともと真島満秀氏の名作、「雪夜の青海川」をオレも撮ったると機会を伺っていたところ、

12月半ばの日本海側大豪雪、ここで撮らなきゃいつ撮ると、おっとりカメラで急遽決めたのだが、

行ってみれば低気圧も去り、雪はほぼ一片も残っていないという有様で。

狂電関人さんから貨物のダイヤまで聞き出してから臨んだのに、である。

でも根っからの貧乏性というか、タダでは起きない風太郎はそれでもしつこく撮る。

諦めさえしなければその日のどこかで写真の女神は微笑むというのが、長年の経験則でもある。

「北越6号」を狙っていたら、遠くから前照灯。20分遅れの貨3097レだ。

狂電関人さんへのお土産写真と思っていたら、手前からするする「北越」が。しかも国鉄色だし。


思えば鉄道写真に手を染めて35年、自慢では無いが「複線区間で撮った事が無い」風太郎は半ばパニックを起こしたが、

貨物と国鉄色が目の前で離合とは超偶然の産物である事は疑いない。こういうのは喜ぶべきか悲しむべきか。

まあ「被り」とは違うし、いいんだよね、ね、狂電関人さん。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/01/10 20:34 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(10)

シャッターチャンス!

風太郎さま

コメント遅れてしまいました!
国鉄特急色と元JR特急専用機との邂逅。
何と素敵なシャッターチャンスでしょうか!?
電関人は、本日ようやく初カメラ弄り(汗)です。。。
[ 2015/01/11 12:11 ] [ 編集 ]

こんにちは

後れ馳せながら、今年もよろしくお願いいたします。

さて、海風強い米山ですね。
ここでの離合で、タイミング良くキッチリ決まってるのはこれまで見たことがありません。
しかも、国鉄色、しかも背後には妙高が...思わずうなってしまいました。
息子に見せても、「おお~。」と感動しておりました。
[ 2015/01/11 13:17 ] [ 編集 ]

ビギナーズラック

狂電関人さま

鉄道写真もいろいろお約束があるようで、一般的に何が良しとされるのかよく分からない風太郎ではありますが、
滅多に無いというか、絶対狙っては撮れないものでしょうからビギナーズラックというところでしょうか。
これを機に複線撮影にハマるかどうかは分かりませんが。

[ 2015/01/11 13:43 ] [ 編集 ]

米山離合

山岡山さま

こちらこそよろしくお願いいたします。

年明け以来、山岡山さんとは違って惰眠を貪っており、年末の写真でお茶を濁しております。
エイヤと気合を入れ直さないとなかなか極寒地に身を晒せません。

複線区間で「被り」の悲劇は良く耳にしますし、こういうアングルで良かったなあとは思っています。
まあ大幹線らしくていいかなと。
でもびっくりしました。
[ 2015/01/11 13:56 ] [ 編集 ]

役者

こんばんは。

これは、見事な離合シーンですね!本当、ドンぴしゃりです。
それも、485国鉄色と元北斗星カマと役者も最高ですよ。
車両好きの私としては、これでもう満足です(笑)

やはり、諦めず粘っていれば、必ず写真の神様は微笑むんですね。
[ 2015/01/11 19:35 ] [ 編集 ]

びっくり尽くし

いぬばしり さま

ごくたまーに来るというEF81なら国鉄型同士世紀の競演だったのでしょうが、惜しい事をしました。
て、余り贅沢は言えませんね。
貨物が20分遅れなかったらそもそも、という事ですし、よくまあ目の前でと思いますね。
北越も国鉄色なら後追いとかじゃなくて別の撮り方をしたはずですが、そんな情報も無かったのでびっくりです。
結局これ一本きりでしたね。
[ 2015/01/11 20:01 ] [ 編集 ]

ドンピシャリ!!

離合、狙って撮れるものではなくホント偶然の賜物なのですが、
いわゆるネタ同士が見事にシンクロしましたねっ。
[ 2015/01/22 21:34 ] [ 編集 ]

ネタモノ

32Countさま

ネタモノが重なってしまうとは悲劇でもあるのでしょうが、
確かに狙って撮れるものでもありません。
ネタモノなど追った事も無い風太郎が出くわすのはやっぱりビギナーズラックでしょうか。

雪は無いし、また出直しです。
[ 2015/01/22 22:49 ] [ 編集 ]

風太郎様


記事を拝読しました
風太郎様はご自分に厳しいのですね
半ばパニックまでですか・・・・
貨物と国鉄色が並行走行
それは豪華なことだと思いますが・・・
貨車が20分遅れなければ この光景は見ることが出来ません
撮ろうとして撮れる写真ではありません
「諦めさえしなければその日のどこかで写真の女神は微笑むというのが、長年の経験則でもある。」
その女神の微笑みがこの光景だと思います
素晴らしい微笑みを得ることが出来ましたね
私は嬉しいです

そして羨ましいです 狂電関人様が・・・・
「狂電関人さんへのお土産写真と思っていたら」

[ 2015/05/01 23:41 ] [ 編集 ]

想定外

りらさま

パニックを起こすのは絵の良し悪しでは無く、全く想定外だったからです。
もっとも想定して撮れるものでは絶対ありませんから、やっぱり女神が微笑んだのでしょう。

複線区間ではこういう事が起きますが、問題は横から貨物列車を狙っているのに手前に列車が来やがったという悲劇です。(「被り」という。)
この写真の場合、横からでは無いですから仲良く両者が写ってそういう意味でもセーフなのです。
[ 2015/05/02 00:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/868-042d7d27