北紀行  その1      噴火湾

hokkaido1201501_080take1b.jpg
   室蘭本線  長和      2015年1月 





渡道20回を数える風太郎も、室蘭本線を撮るのは正真正銘初めてである。

生活列車こそ被写体と拘って来た身からは、優等列車ばかりが目立つ大幹線はつい敬遠しがちだったし、

それゆえ所謂土地勘というものがこの沿線には一切存在しない。


お見通しの方もいるようだが、沿線各所の地形から光線状態まで分かった上でその日の天候だけを変動要素とし、

1日分のカット割りをだいたい決めて臨む「コンテ主義」をとる風太郎にとっては致命的で、手も足も出ないに近い。

誰もが知ってるお立ち台をなぞる写真になってしまうのは必然で、ビギナーズラックにでも期待するしかないところ。


まあ言い訳はその程度にして、目の前に広がる鉄道風景を素直に愛でる事にしたい。

もう余命いくばくもない「ネタもの」も、この2本のレールを辿るのだから。


噴火湾は午後から穏やかに晴れ、揺れて煌めく。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

         
スポンサーサイト
[ 2015/02/07 17:16 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)

噴火湾

風太郎さま

うーーん、海の表情が良いですね!
これで、キハの屋根もギラっとすれば最高でしたね。
電関人ももう一度ダブルDDの引き付けを狙いたかったのですが、
お金と時間の関係で、先般のお立ち台標準撮りで終わりそうです。
[ 2015/02/08 15:00 ] [ 編集 ]

北国の天気

狂電関人さま

晴れかと思えば曇り、時折小雪と目まぐるしく変わる天気は、
全般にユルイとはいえやっぱり北国の天気で、そういう意味では天気の先読みがしづらかったですね。

「ネタモノ」は今回の撮影でテンションUPしたので、
いい夕陽でも落ちそうなときにヒガハス辺りでと思っているのですが。
[ 2015/02/08 17:10 ] [ 編集 ]

北紀行

こんばんは。

いよいよ北紀行始まりますね!

早速、長和ですね。ここ伊達界隈は
本当に雪が少なく、この時も雪景色には
ならなかったみたいですね。
でも、そんな事は関係ないくらい
海原の輝きがとっても素敵ですよ。

私も富浦で、ずーっと海原の陰影を
眺めておりました。お陰で、コマ数稼げませんでしたが・・・

この後のDD、楽しみだなぁ~
[ 2015/02/08 19:50 ] [ 編集 ]

雪無かったですねえ。

いぬばしりさま

この日の朝の飛行機、苫小牧上空辺りから見たら真っ白な雪景色、やたっと思ったのですが。
午前中だけ雪が舞いましたが、その後はご覧の通りの天気です。

DD、この後の上りトワイは、この光も消えたショボイ状況の中、
なんとも情けない絵になってしまったので、無かった事にします(笑)

明日明日。



[ 2015/02/08 21:30 ] [ 編集 ]

風太郎様

渡道20回を数える・・・風太郎様

室蘭本線を撮るのは正真正銘初めてである・・・そうだったのですね

沿線各所の地形から光線状態まで分かった上でその日の天候だけを変動要素とし・・・・・

1日分のカット割りをだいたい決めて臨む「コンテ」主義

風太郎様の撮影スタイルが分かりやすく書かれていて興味深く 
拝読させて頂きました

海の輝きも綺麗ですが・・・・
土と雪との景観もとても個性があり魅了されます
[ 2015/03/01 06:49 ] [ 編集 ]

推敲

りらさま

古今の大画家は一度完成した絵画作品に修正(推敲)を繰り返しましたが、
一期一会の光を捉える写真の世界は事後の推敲が不可能なのが特徴ですね。
絵を作らない(作れない)、絶対のリアリティが写真の本質でもあると思うのですが、
私の場合はしばしば「推敲」します。出来上がった写真を見て、
こう撮っておればという後悔をリセットする事でもあり、あるいはもっと恵まれた条件を求めて、という事でも有ります。

コンテ主義は同じ場所に何度も通って推敲を繰り返したり、
あるいは膨らんだイメージを予め脳内で映像化して、それが撮れそうな場所に先回りして立つという作業が中心になります。

ともすれば予定調和的なあざとい絵作りになる危険もあれば、
一瞬のリアリティという写真の本質に対する冒涜ではないかと思う事もあります。

ただそんな危険も承知しつつ、画家のように自分のイメージが完全に定着するまで推敲を楽しみたい、という欲求も尽きないところです。

たかが道楽に対し眉間に皺を寄せる必要も無いのかも知れませんが、
皺を寄せるから道楽が奥深くなるところもあります。

りらさんはどう思われますか。


そうそう、りらさんのサイトを「訪問していない」のは、
暇に任せて設定をいじっていたら、「訪問履歴を残さない」にチェックが入っていたようです。
ちゃんと行っていますよ。

世の中そんなものです。あまり小さい事に気を病まない方がいいですよ。
[ 2015/03/01 11:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/880-d6194d97