北紀行  その12      山線残照⑦    銀山

hokkaido2201501_083take1b.jpg
   函館本線  銀山       2015年2月




入る道をひとつ間違えて、ろくに除雪もされていない所で危うくスタックしかけた。

銀山の駅は国道からも離れた山中にひっそりと在る。

交換があった事もあるが、こんな忘れ去られたような駅に乗り降りする人がいたのも意外だった。








hokkaido2201501_085take1b.jpg

hokkaido2201501_087take1b.jpg




30年前は運転要員の駅員さんが一人列車を迎え、見送っていた。

つい最近出した写真だが、ほぼ同じアングルなので。

今は信号灯だけが吹雪に消える列車を見送っていた。





函館本線 銀山2 1984年2月 日 16bitAdobeRGB原版 take2b
   函館本線  銀山      1984年



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/02/27 20:56 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)

今昔物語

こんばんは。

車両が変わって、無人駅になっても
線形や雰囲気はそのままなんですね。
勿論、雪が覆っているせいもありますが。

3、4枚目のお写真の対比、何か物語を感じます。
[ 2015/02/28 21:31 ] [ 編集 ]

風太郎様

一枚目のお写真
二枚目のお写真
共にホームに女性が佇んでいます
これからどこに行くのでしょう・・・
誰と会うのでしょう
何のために・・・・雪降る中
この駅がこの列車がなかったら・・・
この二人の女性は どうされたでしょうか・・・

三枚目のお写真
四枚目のお写真

時は異なっていても・・・
当然ながら 線路に異なりはありません
列車の形式に変化はあっても・・・
駅員さんが立つことがなくとも・・・
感慨深いものがあります

最後のお写真
列車を見送るその後ろ姿
やや右に身体を傾けています
まるで我が子を見送るかのような愛情
その背中に感じ 感動しました
[ 2015/02/28 21:55 ] [ 編集 ]

置き換わり

いぬばしりさま

3枚目の「信号灯」は、キハの上に見える出発信号機の進行現示と連動した「反応信号灯」 と思われます。
カーブの先にある出発信号は、車掌の位置からは見えないので設置されたのでしょう。

しかし駅員が居たならこれは不要だったはずです。駅員が信号を確認し、出発合図をするのですから。

鉄道の現場で人間が機械に置き換わった事を、象徴的に捉えたつもりです。
[ 2015/02/28 22:20 ] [ 編集 ]

駅に人あり

りらさま

ホームで待つ女性を一目見た時、おやと思ったのは傘を差している事です。
普通北海道の人は雪の日に傘を差しません。
寒さ厳しく乾燥したパウダースノー は払えば落ちて、服を濡らすことは無いからです。
ひょっとしたら道外の人なのかなと思いました。

こんな山奥の駅に、乗り降りする人、それも若い人だったのはちょっと意外でした。
仰る通りここにも人の営みがあり、別の土地との行き来もあるのでしょう。
一人ひとりにとっては大切な鉄道や駅のはずですが、
それがある程度まとまった数にならないと事業の経済性というものが成立しないのもまた事実。

しかし世の中の価値観が変わり、再び地方に光が当たった時、
先達が拓いたインフラがまだ機能している事を願いたいです。


[ 2015/02/28 22:36 ] [ 編集 ]

銀山今昔

風太郎さま

風太郎さんの写真比較でも、十分に今昔が窺われますね!
交換駅として機能する銀山の駅の風格は今も十分伝わってきます。
[ 2015/03/01 11:02 ] [ 編集 ]

交換機能

狂電関人さま

北海道では珍しい急カーブの構内配線は、こんな狭隘な山奥にも交換設備が必要だったという事情が伺えますね。
山線の駅、どこも往時の面影は薄いのでしょうが、棒線化されず交換設備が残るのは大幹線の残照というより、
室蘭本線が有珠山あたりで不通になった時、バイパスとして想定されているから、と聞いたことがあります。
目名駅なんか、一度廃止した設備をそのために復活させたとか。
新幹線がらみで山線の立場も微妙になるなか、そういった「事情」はどうなんでしょうか。
事情通の狂電関人さんに是非教えて頂きたいです。
[ 2015/03/01 12:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/891-43fb6a4c