北紀行  その13      山線残照⑧    然別

hokkaido2201501_142take1b.jpg
   函館本線  然別      2015年2月  




気動車のエンジン音も降り積もった雪に吸い込まれるようだ。

山を越え、ここまで下ると駅前にもささやかな集落がある。



 





hokkaido2201501_145take1b.jpg

今日は月曜日。

列車に駆けこむ高校生は撮り損なった。ここにも普段通りの朝がある。




hokkaido2201501_001take1b.jpg

駅前商店。

どんな小さな集落にもあるのが酒屋だが、入口は閉じられたままなのだろうか。




hokkaido2201501_136take1b.jpg

当駅発の列車もある。

暫く停まっていたので、発車すると雪煙が舞い上がった。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/03/01 14:24 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(8)

雪煙

こんばんは。

雪を纏った車両って、本当に萌えますねぇ(笑)
この110似の気動車も着雪のお陰で、迫力満点です。

それにしても最後のお写真、凄いです。
中々撮れないシーンを見事仕留めましたね!
この場面、私も立ち会いたかったです。
[ 2015/03/01 21:13 ] [ 編集 ]

パウダースノー

いぬばしりさま

最近の車両は何だか洒落た都会の電車みたいと思うのですが、
確かに雪を纏うとそれなりに土着の野暮ったさも出るようで。

最後の写真は私もびっくりしました。
折り返しの停車時間に積もった雪が発車の振動で落ちているのですが、
サラサラのパウダースノー故ですね。北海道ならではの光景かも知れません。

[ 2015/03/01 23:49 ] [ 編集 ]

風太郎様

二枚目のお写真にある文面
「列車に駆けこむ高校生は撮り損なった」
雪国の高校生は滑ることもなく・・・
列車に駆け込むことが出来るのでしょうね
その瞬間 捉えることが出来なくて残念でしたね
以前 数十年前のお写真で・・・・・
若い男性数人がホームを降りる時
雪の上 こともなげに歩いているお写真が想い出されます

最後のお写真
列車から放つ雪の放射かの如く思えます
この一瞬に出合えたこと・・・・
風太郎様 生涯の思い出となることでしょう
私も忘却しがたいお写真となりました
[ 2015/03/02 07:39 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/02 19:37 ] [ 編集 ]

地方色

りらさま

「数十年前のお写真」は津軽鉄道の奴ですね。
あれに写っているのは田舎のプレスリーのようなローカル色溢れるお兄ちゃんでしたが、
この駅で駆け込むのはミニスカートを翻した、都会と全く同じ女子高生でしたよ。

都会と地方の境目がほとんど見えなくなりつつある事が、
こんなローカル線の寸景でも実感出来ますね。
もちろん外見は似ていても中身はまだ大分異なるのかも知れませんが。


[ 2015/03/02 23:30 ] [ 編集 ]

有難うございます。

鍵コメさま

ご案内有難うございます。

なかなか貧乏暇なしで、ご迷惑をお掛けするかも知れず、即答できません。
先方からご案内があるのであれば一度聞かせていただきたいとは思いますが・・・。
[ 2015/03/02 23:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/03/03 05:57 ] [ 編集 ]

了解しました

鍵コメさま

了解しました。良く考えます。
[ 2015/03/03 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/893-d8494168