春を待つ

磐越西線 日出谷2 1982年2月 16bitAdobeRGB 原版 take1b
    
    磐越西線  日出谷       1982年





厚く積もった雪が少しづつ低くなり、やがて根が空いて、雪国にも季節は巡る。

しかし思い出したように降り始める小雪は、それをまた逆戻りさせてしまうのだった。

鉄橋を渡るホイッスルが、春遅い山々に木霊になって響く。







HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/03/19 20:28 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(6)

風太郎様

磐越西線  日出谷   1982年
風太郎様が北海道から帰宅された 次の日 2月3日アップされたお写真も同じ場所 同じ1982年です
そのアップにコメントさせて頂いたところです
嬉しいですね

先頭はDD51ですか 間違っていたら お手数ですが 教えて下さい
この時代のトラス橋は このような形状だったのですね まさしく鉄橋ですね
背後の雄大な山並み そこにある雪が印象的です
川の名前を調べてみましたが 判別できませんでした
またまた お手数ですが お時間ある時教えて下さい
お願い致します
[ 2015/03/19 21:13 ] [ 編集 ]

磐西の山河

りらさま

この鉄橋はコメントいただいた写真のすぐ先にあります。確かにらしい鉄橋ですね。今もそのままの形で残っています。
機関車はDD51、嫌ほどやってきたこの機関車も今や数えるほどになりました。
川は阿賀野川、流域にダムが多いこともあるのですが、満々と水を湛えた大河です。
磐越西線、自然美も秀逸ならSLも定期運行しています。一度訪ねられたらいかがですか。
[ 2015/03/19 21:48 ] [ 編集 ]

阿賀野の春

こんばんは。

おっ、これは当麻橋梁ですね!
ここのところ、ダイ改の喧騒にどっぷり浸かっていたので、
このお写真を拝見して、目が覚めたような気がします。

阿賀野路ももうすぐ根雪が溶け、春がやってきますね。
C57180が戻って来るのは、まだまだ先になりそうですが、
5月にはC6120が走るので、楽しみにしております。
非電化区間を走るハドソン、楽しみですね。

風太郎さまの大型蒸気写真、拝見したいなぁ。

[ 2015/03/19 23:16 ] [ 編集 ]

贅沢な日々

いぬばしりさま

何のヒネリも無い写真に勿体ないお言葉です。
撮影行は全て徒歩で場所も変えられない中、次から次へと来る列車を結構いい加減に撮っていたのではないでしょうか。
でもそれらは全てオール雑客生活列車だったんですから、今から思えば贅沢なものです。
帰りたいですねえ、あの頃に。 ピカピカのSLは・・・・・。
[ 2015/03/19 23:40 ] [ 編集 ]

日出谷界隈

風太郎さま

越後との国境を形成する山々が美しくどこで撮っても絵になる
この界隈が今でも一番好きですね!

例の合宿の日、この鉄橋でバックの山が夕焼け色に染まるのを期待して
待ちましたが、列車の時間と微妙に合わずでしたね。
[ 2015/03/20 12:31 ] [ 編集 ]

記憶の糸

狂電関人さま

そうでしたっけ?
夕方がそれで、その後朝陽館に向ったんですかね。
冬のこの地方らしい雪雲が垂れ込めて、とても夕陽は期待できそうになかった記憶がありますが。
そろそろ記憶の糸が繋がらなくなっていますね。
[ 2015/03/20 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/903-bcca74dd