花曇り のち桜雨 ときどき花日和     その6

kominato201504_186take1b.jpg
    
    いすみ鉄道  西畑       2015年4月







西畑駅の上り方向には、ここも見事な桜のトンネルがある。

撮り鉄さんも集中し、線路際には広報の腕章を巻いたいすみ鉄道の人が「指導」に立つ。

親切かつ気さくなおじさんで、沿線の撮影ポイント他、いろいろ教えてもらう。雨の中ご苦労様である。

ところで、と。  「長靴履かないの?」

「いやまあ防水性はある靴なんで大丈夫かと。」

「違うよ、ヒルだよ。ヒルいるよ。」


本来深山にしかいないはずのヤマビルが、イノシシなど野生動物に伴うように里に下りて来るのが目立ち、

ここ房総も例外では無いとは聞いていた。思えばこんな雨の日は彼らにとって天国のような「活動日」だ。

もともと風太郎は虫の類が苦手なのだが、ヒルとは気色悪い事この上ない。

ましてや「痛くも痒くもねえけど、食いつかれたら脛から下が血で真っ赤になるよ。」などと脅かされては。


長靴が無いのはもはやどうしようも無く、これまで雨の日も散々撮って来たのに無事だったんだからと、

あくまで楽観を決め込む風太郎。

しかしふと目を落とした足許に音も無く忍び寄るそいつを見つけた時は、総身の毛が逆立った。

「立ち止まったら終わり。」と聞いたのでジタバタジタバタ。それでも線路際を離れないのが撮り鉄魂。


何とか無事に撮り終えたので、一応効果があると聞いた虫除けスプレーを買い求め、鬼のように足回りに吹き付けた。

なんとか撃退には成功した様だが、これからの季節、山中の線路際は何処もヤバイかも知れないからご用心。


コイツがヤマビルだ! 【閲覧注意】







HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/04/18 22:46 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(14)

風太郎様

お写真 拝見した瞬間の感想
色調が綺麗・・・・
背後の白のソメイヨシノ 手前左手ピンク 赤 白 右手の菜の花の黄色 全体にある森林の緑
その美しい色調の中 いすみ鉄道の車両が見えています
小湊鐵道から比べると山に囲まれた地 夷隅郡を走行する列車の走行地様子が顕著に表現されています
風太郎様 例年なら日帰りでしたよね 今年は一泊二日でしたよね
この一枚のお写真をもってしても一泊二日で撮影された甲斐がありましたね
私も忘れぬことは出来ないでしょう
感激しました
[ 2015/04/18 23:08 ] [ 編集 ]

雨中の花


りらさま

こういった雨模様の日は色の彩度が出にくいものですが、この線路際の花々はそんな悪条件にも負けないような鮮やかさでしたね。
晴れの日とはまた別の、しっとりとした上品な彩度を見せてくれます。
花の名前など全く分かりませんがちょっと感動してしまったので、足許に何が居ようと撮らずに帰れるかと。

山に囲まれてとはいっても所詮房総ですから大した深山でも無いのですが、線路際に結構桜が植えられていて、
小湊とは違うアングルを提供してくれます。


[ 2015/04/18 23:44 ] [ 編集 ]

ヤマビルとは

正直いって会いたくもない奴ですが、
上越線・信越線とも沿線に生息地があり、
私はそこでの撮影を避けています。

長靴履きの同業者は意外と多く、
知り合いでも何人かすぐ浮かびます。
皆が皆、ヤマビル対策とも思えないのですが。

しかし、房総の地にもいるのか・・・。
[ 2015/04/19 14:43 ] [ 編集 ]

ヒル対策

マイオさま

ヒルと言えば丹沢の大量発生が有名で、その後房総がかなりヤバいとは聞いていました。
でももう何処にでもいそうですね。あまり恐れていては立てる線路際も限られてきますから、対策をしっかり考えねば。
長靴は足の収まりが悪くて斜面の上り下りなどの際、心許ないので避けたいのです。
スパッツで覆ったり、忌避系の薬剤をたっぷりなどいろいろあるとは思いますが。
あんなのに食いつかれるのは絶対イヤです。はい。
[ 2015/04/19 17:37 ] [ 編集 ]

おじゃまします。
曇りや雨でも、しっかりと良い雰囲気のお写真を残される、風太郎さんらしさを感じます。
勉強になります。

い鉄、ヒルがいるとは聞いているので、一応ヒル避けスプレーを登山用品店で買い求め、バッグに入れています。
私はヒルは見ていないのですが、ヘビは飽きるほど遭遇しました・・・
向こうから逃げてくれるのが幸いですが。
[ 2015/04/19 19:52 ] [ 編集 ]

ヘビにヒルに・・

もそあつさま

これからヘビの季節でもありますねえ。幸いあまり遭遇していませんが、
高滝の駅のベンチに座っていて、脇に何やら棒状のモノが、とよく見たら「頭」だったという体験はあります。

ヘビは向こうから逃げますが、ヒルは音も姿も良く見えないまま一斉に突撃してくるのですからガクブルです。
雨の日は好きなので、結構深刻な問題ではあります。
[ 2015/04/19 22:11 ] [ 編集 ]

要注意

こんばんは。

様々な色が折り重なって、とっても春らしいお写真ですね。
多分、この色は雨天時でないと出ない色合いではないかと。
それにしてもいすみの線路、ヘロヘロですね。
圧縮されてるせいもあるとは思いますが、なかなかのものです。

ヒルは今まで撮影していて遭遇した事はなかったのですが
こうして、普段踏み入れているところに生息していると思うと「ぞっ」とします。
これからの季節は対策をしっかりしないとヤバそうですね。
因みに私、昨年渡道した時にヒルではないのですが、ドクガにやられました。
こちらも要注意ですよ!
[ 2015/04/19 22:14 ] [ 編集 ]

こんばんは
山の緑に浮かぶ桜花、雨でしっとりとした風情がなんともいえません。

ヤマビル一番の獲物は鹿など野生動物ですが、現在鹿が生息域を拡げているのに合わせ各地で見かけるようになりました。
何十匹も直立して蠢いている姿など見かけるとゾッとします。
ヒルノックなど専用の駆除スプレーもありますが、完璧に防御するのはなかなか難しいものがあります。
私など、長靴にスプレーしていてもやられたこともありますよ(笑)。
[ 2015/04/19 22:28 ] [ 編集 ]

線路脇にて


いぬばしりさま

良く見ると犬釘を打っているところが沈んでいるようですが、そんなもんなんですかねえ。
枕木が本当に木なのも小湊いすみの良さですが、PC枕木ならもっと落ち着くんでしょうねえ。
早々にPCが施設された鹿島鉄道あたりがあっさり消えて、そうでない所が細々頑張っているのも不思議です。

ヒル、山に登って俯瞰とかならともかく、線路脇なんぞに居ないだろとタカをくくっていたのです。
北海道の夏もワイルドな虫対策が必要ですね。やっぱり自然の懐に踏み込んでいるんだなあと実感しますね。

[ 2015/04/19 22:34 ] [ 編集 ]

完璧に


高辻烏丸さま

結構登山されて高い所からの撮影が多いようですから、いよいよヒルの巣窟に踏み込まれているのかも知れませんねえ。
小湊沿線もシカにイノシシ、野生動物の跋扈はかなり大変なようですから、安全地帯は無いのかも。
何とか工夫を凝らして完璧に防御したいです。ああいうのはイヤです、本当に。(泣)
[ 2015/04/19 22:45 ] [ 編集 ]

1枚目、凄いですね。圧倒されました。
風太郎さんならではのお写真、数多い小湊鐵道写真の中でもこれだけのものを撮れるのは風太郎さんを置いてはいないでしょうね。
来年は菜の花畑の向こう側の山に登って撮ってみようかと思ったのですがひるの巣窟にも見えて来たのでどうしようか悩みそうです。

[ 2015/04/20 06:23 ] [ 編集 ]

厭な話

風太郎さま

随分と懐かしい名前が出てきましたねぇ。
その昔、まだ鉄する前のガキの頃ですが水が温んで近所の小川で遊んでいると、
ウマビルなどに血を吸われました。
それ以来、数年前に武蔵野線沿線の田圃でヤマビルのような個体を見たことがありましたが
すっかりとその存在を忘れていました。
これから田植えの時季など、水の傍に立つ際には気を付けなくっちゃ!!
この場所は、前回訪れた際には覗いてない場所のようです。
[ 2015/04/20 13:09 ] [ 編集 ]

桜多彩

はせがわさま

小湊の1枚目というのは、前回の「里見」でしょうか。
いずれにしても有難うございます。
くるくる変わる天気が幸いして、随分長く滞在したような写真を撮ることが出来ました。

「菜の花畑の向こう側」は林道が通じているので車があれば楽に行けますが、
確かに人間よりシカやイノシシの方が多そうな山中ですから、ヒルは危険かもしれませんねえ。
[ 2015/04/20 20:53 ] [ 編集 ]

ヒルネタ

狂電関人さま

昔からシティボーイの風太郎はヒルが居るようなところで遊びません!(^^ゞ

ウマビルというのも良く知らなかったので調べたら、
デカイは色は毒々しいわで、ひと際気持ち悪い奴ですね。でも人間の血は吸わないそうですよ。別の種類では。
ヤマビルは水場の近くでなくとも居るようですよ。しかしヒルネタでこれほどコメントを頂くとは。

西畑のこの場所は桜もきれいですが、下り列車はご覧の通りの急勾配でキハ52など濛々と排気煙を上げます。
ちょっといろいろ試してみたい、お気に入りの場所です。
[ 2015/04/20 21:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/918-f11208af