わたらせ新緑遡行  その5      若葉のトンネル

watarase20150427_906take1b.jpg

    わたらせ渓谷鐡道  神戸      2015年4月







渓谷を行く列車は若葉のトンネルをくぐりつつ。


この季節は平日でも観光用のトロッコ列車が走る。

こんな日はあまりがつがつ写真ばかり撮っていないで、車掌さんならぬバスガイド風のお姉さんの

ナビゲーションと共にトロッコに揺られるのもいいかなあと。

ささやかながら金銭的応援もしないとね。









watarase20150427_922take1b.jpg

    神戸





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/05/18 20:47 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(6)

風太郎様

私が自分のアップで風太郎様のコメントのお返事で書いたこと読んで下さいましたか・・・
「また主役は必ず舞台の目立つところにいる必要はない  それが私流です 我流ではありますが そこは譲れない大事な私の思いでもあります」
風太郎様の一枚目のお写真拝見すると・・・・我流でもないようですね
自画自賛 我田引水ですが・・・・恐れ多いことですが・・・怒らないでね

風太郎様トロッコ列車乗車されたのですか・・・
被写体としては現在のそれは近代的すぎるでしょう・・・
ガイドさんの後ろ姿 とてもいいです
背景の緑の綺麗な暈け感 その中に立つ美人と思える後ろ姿 素敵なポートレートともなりましたね
風太郎様がトロッコ列車の窓から顔をだし 周りの景観を見渡している様子 想像して・・・・それ以上は言わないでおきます
[ 2015/05/18 21:14 ] [ 編集 ]

被写体


りらさま

うむ、目立つところにある必要はありませんが、被写体には画面全体を支配するだけの力が必要です。
目立つところに置かないならば、より強いメッセージを放つ被写体を選ぶ必要があるでしょうね。
まあそれは、りらさん程の方ですから意識の外でも配慮されているように思いますが。

一瞬顔を出す列車にそれ程の力があるかは微妙ですが、文字通り若葉に埋もれてしまう様な面白さがあるかなあと。

想像云々は野暮天な風太郎にはよく分かりませんが、「おねいさん」(クレヨンしんちゃん風に)絡みでしょうか? 
トロッコ列車には実は乗っていません。乗って時間を潰すにはフォトジェニック過ぎる日でした。次の機会に。
被写体としても生活から離れた「トロッコ」は対象外ですが、黙って見送るのも惜しく、「そうだ、車掌さん撮ろう!」と。
仕事に没頭する凛とした姿は男女問わずいいものですが、やっぱり若葉の背景は「おねいさん」の方が似合うと思いませんか?

うん、結局オヤジ趣味を白状してしまいましたか。




[ 2015/05/18 21:48 ] [ 編集 ]

おねーさん

こんばんは。

ちらっと顔出すキハ、インパクトありますね。
それにしても風太郎さま、この日はかなり光合成したのでは。

またそれだけではなく、お姉さんとも遊んで・・・
なかなか素敵な一日を過ごされたのを、お写真達で読み取れますよ。

う~ん わ鐡、フォトジェニックですねぇ。
[ 2015/05/18 22:26 ] [ 編集 ]

車掌さん

いぬばしりさま

顔から手足まで真っ赤になりましたね。会社をサボって遊んでいたのがバレバレです。
トロッコは・・・なのですが、下り列車を見送る際の車掌さんの出発監視がなかなかだったので、上りで撮ったる、と。
しかし後ろに殺気を感じたのか、あまり顔を出してくれませんでしたね。でもまあ、この通りです。
[ 2015/05/18 23:31 ] [ 編集 ]

新緑浴

風太郎さま

結局、ああだこうだ考えてばかりで今年の新緑浴はしないままに。
ちょっと最近写欲が落ちている電関人です。
わ鐵の新緑は見事ですね!ちょいとお色気も手伝って・・・(笑)
[ 2015/05/19 12:18 ] [ 編集 ]

リフレッシュ


狂電関人さま

写欲は禁欲生活の後にやってくるものです。(というより単に世迷言に疲れているだけという事もありますが)
しばしのリフレッシュを入れたらいいのでは。

いろいろ含めて写真の旅はしばし浮世を忘れた時間を提供してくれます。

[ 2015/05/19 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/932-7cc75557