わたらせ新緑遡行  その4      朝の光

watarase20150427_749take1b.jpg

     わたらせ渓谷鐵道  神戸      2015年4月







日がどんどん長くなり、すぐにトップライトに達するこの季節だから、朝の斜光線の時間帯はごく短い。

でも光が美しいこの時を捉まえない訳にいかないからダイヤに追われつつ場所探しに奔走する事になる。

若葉を透かす光と影の向こうから。








watarase20150427_757take1b2.jpg

    本宿






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/05/16 23:02 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)

風太郎様

一枚目のお写真
緑の前暈けがそれは美しいです
爽やかな風を感じるその中を走行する列車
まるで世界中が緑で溢れているかのように錯覚するかのようです

二枚目のお写真
曲線の線路に沿って豊富な緑の中にある一両編成の列車
春の思いはこの列車も同じことでしょう


[ 2015/05/18 05:37 ] [ 編集 ]

陰影


りらさま

陰影のある風景の妙は線路際を離れ、自然美を追うようになって実感しました。
自然の懐を行くローカル線を捉えるに、この陰影は願ったりの舞台かと。
かつては鉄道写真の常識を逸脱した邪道な撮り方でしたが、
理解してもらえる方が増えたのは嬉しい事です。

[ 2015/05/18 20:45 ] [ 編集 ]

光り加減

こんばんは。

透過光に輝く新緑が眩しく、むせかえりそうです〈笑)
このお写真だけでわ鐵に行った甲斐があったのではないでしょうか。
それにしてもやはり風太郎さま、光りの読み加減が最高です!
[ 2015/05/18 22:16 ] [ 編集 ]

ギリギリですよ

いぬばしりさま

光の魔術師といえばむしろいぬばしりさんでしょう!
少ないチャンスを良く先回り出来るものと感心しております。
土地勘も無いわ鉄では光線の具合もよく分からず、ギリギリまで探した挙句、
本当にシビアなタイミングで間に合っております。
[ 2015/05/18 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/940-87718849