只見線逍遥  その9        たまらんたまらん

tadami201505_1435take1b2.jpg

     只見線  早戸       2015年5月







JR東日本のCMにたまらん、たまらんと撮り鉄お嬢さんが登場して度胆を抜いた鉄橋。

実は風太郎は今回の只見線撮影にあたりある誓いを立てていて、それは「橋は撮らない」という無謀すぎるもの。

誰でも撮るものは・・・といういつもの天邪鬼がそうさせたのだが、現地に立てばやっぱりなー、と。

思えばかつてここで撮った写真は、手前の葉っぱがうるさかったり川が大雨で濁っていたりとロクなものが無く、

一度位は会心の1枚も無ければ引っ込みがつかん、というのもある。


ここの撮影環境も様変わりした。以前は国道の脇にひっそりスペースがあって、「SL撮影名所」の朽ちた木柱が立っていたっけ。

今は立派過ぎるスノーシェードがバンと出来ていて、その変わりように目も白黒である。

でもそのシェードのお蔭で・・・というのはご同慶。


晴天ながら浮かぶ雲で時折陰るというヤな天気ながら、通過時刻にはスッキリ初夏の陽射しが注いで、実際画面全体がグリーン被りする程。


こりゃ、たまらん、たまらん。







HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/06/22 23:05 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

「橋は撮らない」という自分との約束も反故にせざるをえない程の美しい光景ですよね
それは自然と人間の英知の調和であり その二つの共存でもあります
新緑の中にあるエメラルドグリーン
エメラルドグリーンの上にある列車
列車 そのものは実用性から作成されたものではあるけれど 周りの自然の中 芸術性を持って私の心に響くものがあります
この景観にあってこそなれば 撮影をためらうのは 無理でしょう
ありがとう 撮影アップして下さり 嬉しいです


[ 2015/06/23 04:34 ] [ 編集 ]

誓い

風太郎さま

誓いは破るためにあるなんちゃって(爆)

まさか、隣に文乃ちゃんが居たのでは・・・(巨爆)

しかし、咽る緑だこと!!
[ 2015/06/23 12:37 ] [ 編集 ]

初夏


りらさま

只見川の流域は俗にいうダム銀座で、川というよりダム湖が繋がっているといった方が的を得ているのですが、
ゆったりとした川幅は大河の趣がありますね。
大昔からの撮影名所です。誰でも撮る場所はという拘りも吹き飛ぶような、鮮やかに過ぎる初夏の日です。
[ 2015/06/23 21:30 ] [ 編集 ]

巨大お立ち台


狂電関人さま

さしずめ風太郎はフレームに入っちゃうハゲ親父でしょうか?
CMは何処で撮ったか知りませんが、シェードの上は巨大お立ち台と化していて、
どんなに混んでも頭が入るような事はなさそうです。
撮っているのはもう一人だけ。この風景を独占する幸せなひとときです。
[ 2015/06/23 21:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/06/23 21:40 ] [ 編集 ]

たまらん


鍵コメさま

橋の下に遊覧船とは・・・。萎えまくる展開ですね。しかもSLですよねえ。

CM撮影のカラクリ、もうひっくり返りそうになりました。なるほど言われてみればという気がしますね。
こりゃ、やられました。やっぱりたまらんたまらん。
[ 2015/06/23 22:08 ] [ 編集 ]

只見線と言えば

こんばんは。

第三橋梁ですね!やっぱり只見線行ったら橋梁狙いは有りですよ。
それくらい素敵なロケーションですもの。

それにしてもエメラルドグリーンの川が何とも綺麗ですね。
なんかバスクリンを入れたみたいです(笑)
因みにシェッドには簡単に登れるのですか?

そう言えば廃線にしたい(んじゃないかな?)
JR東が只見線を題材にCMやってるのが不思議でしたが
やっぱり嬉しかったです。まだ復活あるのかな?なぁんて・・・
とにもかくにも「たまらんらん」景色です!
[ 2015/06/23 22:55 ] [ 編集 ]

バスクリン


いぬばしりさま

橋無しで只見線、というネタも試してみたかったんですがねえ。
早々に撃沈となりました。
確かにバスクリン(笑) こういう色の川というのは知っていたのですが、
画面全体がグリーン被りしているようなのは、現像の際に補正しようかと思ったのですが、
いや待てよ、撮った時の記憶色はこの通りだと。

滴るような緑の風景でした。
シェードへの道は・・・。余程の大物が通るような獣道が付いていますので、迷うことなく楽勝です。
但し毛虫だらけ(笑)
[ 2015/06/23 23:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/948-6de43ede