只見線逍遥  その8        緑風

tadami201505_1715take2b.jpg

    只見線  早戸      2015年5月





眩しい緑と照りつける日差しは、もう真夏のそれである。

陽炎と排気に揺らぎつつ、気動車は風のように。









tadami201505_1197take1b.jpg

   大白川





気持ち悪い話だが、只見線沿線は毛虫だらけである。

毛虫は葉っぱの上にいるものと思ったら大間違い、道路上にうじゃうじゃ。

半径50cmのサークルに一匹の密度で居る、といったらその大発生ぶりが想像出来るだろうか。

辛うじて居ないところを探して立つのだが、何に反応するのかそいつらが風太郎に向けてわらわらと集まって来るのにはたまげた。

虫除けスプレーで半径1m位の防御陣地を作ってやっと落ち着いて撮れる始末。

体長3~4cmのそれは、よもやと調べれば昨夏も各地で大発生騒ぎを起こした「マイマイガ」の幼虫である。

今年もヤバイのか。房総のヒルといい、虫に祟られている最近の風太郎である。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


激闘! 初ドーム



今年の風太郎は何かと忙しく、毎年恒例になっているドラキチ仲間との「新年挨拶」(その年の東京ドーム第1戦に集合する事)

も欠席であるばかりか、そもそも今シーズンに入ってから野球を見ていない。


今年のドラゴンズは・・・・・・・・弱い。涙が出るほど弱い。

だいたいチーム打率がリーグ1位、防御率が2位なのに肝心な勝率がなんで5位なんだ。

落合時代、総得点よりも総失点の方が多いくせに、しゃあしゃあと首位に立っていたあの試合巧者ぶりは何処へいったのか。

しかし交流戦もダメダメだったのにセリーグ全体の大惨敗で首位に3.5差はまだツキが残ってるという事か。










dragons20150619_1778b.jpg

ここまでは静かだったが・・・・・




今季初ドームは大野VS菅野のエース対決。

前半は当然予想された投手戦ながら、7回に大野がつかまり3点ビハインドとなれば、

ウチの打線じゃもうだめぽ、の雰囲気は充満する。

しかしそこから猛反撃開始。マシソン、山口、澤村の「方程式」をボコボコにして土壇場9回表に遂に逆転となれば、

ナゴヤドームより盛り上がるとされる東京ドームレフトスタンドは盆と正月が一緒に来たような騒ぎだ。

でもすんなり終わらない所が最近のドラで、その裏同点にされ、さらに1死1・2塁 一打サヨナラの場面でセンター前に飛べば

思わず目を覆うものの、センター工藤の乾坤一擲のダイビングキャッチでダブルプレーとなれぱもう、やんややんやが収まらず。

このスーパープレーで流れを取り戻し、延長10回、肉団子こと平田がバット一閃、逆方向への弾丸ライナーの3ランで決着を付ける。





dragons20150619_1783b.jpg

かっ勝ったあ・・・・・・・




両軍合わせて27安打、熱戦というよりグダグダ感も漂う試合だが(10回裏巨人の攻撃も二死満塁で肝を冷やすというおまけ付)、

3試合は見た感じ。チケット代としては激安ではある。

仲間内では「早くも今季のベストゲーム!」の声もあったが、もっとスッキリ勝てないものか。

まあそれでも勝ってナンボだけれど、4時間半にわたり赤くなったり青くなったりした風太郎はもう息も絶え絶えで、

年相応にこれからは静かな観戦にしようかなあとも思い始めた次第。







dragons20150619_1784b.jpg

レフトスタンドのドラキチの皆さんお疲れ様でした。
ガッツポーズは連発でしたな。




スポンサーサイト
[ 2015/06/20 22:32 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(12)

こんにちは

只見の夏はなんだか潤いのある風景ですね

それにしても、、、マイマイガの幼虫にはこちらも今年も苦労しています
幼虫の毛がカユカユイタイタを引き起こすので
風の強い日は子どもたちの肌が赤くなってしまうし
私も線路端歩くときは完全防備 困っちゃいます、、、、



私もドームで応援すると疲労困憊になります 勝ってくれればまだいいですけどね(;´д`)
我がファイターズは交流戦首位をペショっと失い、その後さらにペッタンコ状態、、、
次男坊来月修学旅行でドーム観戦予定なんですが少し膨れていて欲しいです(^^;
[ 2015/06/20 23:16 ] [ 編集 ]

風太郎様

一枚目のお写真
只見線 迫力あるお写真ですね
列車の左下 緑の塗装にある植物の映り込みがいいですね

二枚目のお写真
水のある景観はやはり一際 魅了されます
その水面の美しさには 息を飲む程です
[ 2015/06/21 07:06 ] [ 編集 ]

毛虫も野球も


Jamさま

マイマイガは北海道まで進出してるんですか。恐ろしい繁殖力の奴ですね。
何かの生命連鎖システムが崩れているようで怖いような感じです。

札幌ドームの試合をテレビで見ていていつも感心するのは、
ファイターズの応援で「打て打て◯◯!」と連呼するところを男性の声と女性の声で交互にやる所がありますね。
よく揃うものだと感心するのですが、最近中日応援団がパクッたようです。
にわかながらちゃんと揃うのは、やはり球場の一体感という奴でしょうか。

以前札幌に行った時にたまたま日ハム戦があった事があります。
食指が動いたものの相手投手がダルビッシュと聞いて逃げたのですが、今思えば行っときゃ良かったなー、と。
日本シリーズの楽しみという事で、とっておきますか。

[ 2015/06/21 12:14 ] [ 編集 ]

もろもろ

風太郎さま

害虫の話、虫もさることながら先日の蛭もさることながら、蛇もやですね!!!
お---ぅ、くわばらくわばら。
それからキハの話。東北のに多いけど運転席真上辺りの変テコなモノ。
結構アップにすると目障りなんすよねぇ。それ以外は水タンクやらベンチレーターやら
これは良い感じですけど、最近ベンチレーター取ったりして屋根上がツルツルなやつ。
あれはいただけません!ハイ。
大白川のアングルは超お手軽で電関人も好きです。
[ 2015/06/21 12:19 ] [ 編集 ]

夏に染まる


りらさま

緑の映り込みは、アングルによってはもっと車体全体に染まるように映ったと思います。
どこもかしこもエメラルドグリーンとコバルトブルーに染まる様な、ニッポンの夏がやって来ましたね。
[ 2015/06/21 12:32 ] [ 編集 ]

もろもろ


狂電関人さま

蛇も居ますよお。
運転中、道路に棒状のものが・・何だろ何だろ、あー蛇だあ、ゴリン、後は知らねー、という程度で済みましたが。

屋根上は列車無線じゃあ、とは思いますが、何しろテクニカルな事には弱いもので。
ベンチレーターが無くてボウズとは国鉄型が泣きますな、幸い見た事は無いと思いますが。

大定番ポイントではありますが、大白川周辺は信号なんぞ無く、クルマもほとんど通らず、
道路脇から撮れるは格好の追っかけポイントとしておきましょう。
[ 2015/06/21 12:44 ] [ 編集 ]

秘境大白川

お~懐かしや。どっからどう見ても、川の流れも、山の姿も、木の茂り方も破間川水系の風景です。
昔、入広瀬と大白川の間に「柿ノ木」駅がありました。集落名ですが、名前に惹かれて周りを撮ったりしました。
鉄旅時代には、この辺りは秘境で、こういう駅には重宝しました。国道沿いで、今は身近になっているようですね。
「柿ノ木」は今年3月に廃駅だそうです。
皆さん虫は苦手のご様子。私奴は半分山住まいですから、虫鳥獣と折り合いをつけながら、生活しております。
ただ、侮って大事になるのは避けたいですね。
[ 2015/06/22 00:11 ] [ 編集 ]

毛虫、

この春も大量発生でしたね。
何度、靴底で踏みつけたことか…。
足下ばかりではなく、宙に浮いている!?ものもあったりで、避けるのに苦労しました。
ところで、キハ40の屋根上に付いている一件、
六十里越え区間で列車無線が通じないため、衛星電話であるワイドスターの装置かと思います。
6月に運転された「風っこ」にはその装備がないため、わざわざ新潟のキハ40系を1両連結して走ります。
[ 2015/06/22 09:08 ] [ 編集 ]

交流戦のお陰で

こんばんは。

キハ40、無駄のない形はやはり国鉄型ですね。
東北色はシンプルで嫌いではないのですが、
やはり暖色のほうが写真栄えするんですよね。
因みに件のアンテナはドコモの衛星電話ワイドスターのアンテナです。
良く見るとアンテナ部にdocomoと書いてあるんですよ。

毛虫、嫌ですよね。マイマイガは毒持っているんですかね?
もうドクガは懲り懲りです・・・

セリーグ、交流戦のお陰で面白くなってきましたね!さぁ何処が抜け出るでしょう?
大正義軍?それとも・・・
[ 2015/06/22 22:26 ] [ 編集 ]

遥かな日々


こあらまさま

大白川周辺、本当の秘境に踏み込む手前の、最後の人里ですね。
豪雪の地のどん詰まりで、それでも暮らしを紡いだ日々はいかばかりのものだったのか、
ささやかなムラの歴史にも触れてみたくなります。
柿の木駅周辺はほとんど人家も無く、廃駅も止む無しと思うのですが、
この小さな駅のホームも利用客が何人も立った時があったのでしょうね。遥かな日々。

アウトドア好きな割には虫はイヤです。特に這い回るものは悲鳴を上げるクチです。
[ 2015/06/22 22:42 ] [ 編集 ]

電波も届かぬ


32Countさま

桜の木から無数にぶら下がるそいつらの中に、危うく突っ込みそうな場面もしばしば。
上から下からの包囲網には辟易しました。毛虫、もう全国的なんですね。

列車無線も通じないとはその秘境ぶりがますます際立つ話ですね。ご教示有難うございます。
[ 2015/06/22 22:47 ] [ 編集 ]

塗装


いぬばしりさま

暖色は同感ですね。夏ならまだいいですが、これで雪でも降ったら迷彩色。
やたら地域オリジナルみたいな塗装に拘るくせに、その土地の風土に合う様な色彩にしないのは何故なのでしょう。
旧国鉄ツートンがあまりに偉大で、気後れしているという訳でもあるまいに。

首位チームが下手すりゃ勝率5割切るんじゃないかという、何だか情けないような混戦です。
救世主を待望するのみです。
[ 2015/06/22 22:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/950-4c1a0e53