寒い夏

tsugarukanaki12.jpg
   津軽鉄道  金木  1980年


その年の津軽は、「夏」が来ないまま季節が移ろうとしていた。

憂いを湛えた空のなかを。






「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

確か・・・

風太郎さま

電関人が浪人していたこの年、

記憶ではセントへレンズ火山の爆発により

火山灰が成層圏まで達して、長雨と冷夏をもたらしたと。

大学入学試験の地理で記述問題で出ました(懐)
[ 2012/07/31 07:08 ] [ 編集 ]

良い雰囲気です!
憂いと哀愁を帯びた、懐かしい風景。良き時代の日本を感じます。
[ 2012/07/31 22:56 ] [ 編集 ]

冷害の年

狂電関人 さま

そんな原因でしたっけ。さすがは受験生!

50年に1度くらいの大冷害だったのではないでしょうか。

津軽鉄道は開業50周年の当たり年でしたが、沿線の農家が意気消沈していて

お祭りめいたことは出来ないのだ、と聞きました。

大飢饉の歴史と共にある土地柄だけに、感ずるところがありました。
[ 2012/08/01 00:21 ] [ 編集 ]

哀愁

mackさま

初めて訪れた津軽鉄道でしたが、

ご覧のような泣き出しそうな空に迎えられました。

コダクロームの地味な発色が、かえって主題に合っていたかと思います。
[ 2012/08/01 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/96-1d2d94a3