朝のシンメトリー

ryokou201408_057take1b.jpg

   高山本線  焼石       2014年





どこまでが実物でどこからが逆さ絵か分からないようなシンメトリーは、写真の面白さのひとつ。

でも僅かなさざ波でも立てば台無しだったりもするから、幸運に恵まれる事も大事な要件になる。

運を引き寄せる方法のひとつは早起きを厭わない事。

大気がまだざわめかない夜明け時は、鏡のようなシンメトリーに出会える事が多い。


水面の朝焼けも色を落とす頃、始発列車の響き。





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/07/20 19:16 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

水鏡

見事なまでの水鏡ですね。朝の静寂さを感じます。
それにしても大胆に上部をカットしたアングルが斬新ですね。
そしてアンダー露出に浮かび上がる車両も秀逸。
前回のお写真との露出の対比、唸りますよ。

そう言えば、ここにはもうキハ40入らないんですね。
[ 2015/07/20 22:37 ] [ 編集 ]

定番撮影地


いぬばしりさま

定番中の定番撮影地ではありますが、イメージした通りの風景が広がればやっぱりおおと唸るものです。
本当は朝の斜光線や川霧まで期待したのですが、それは贅沢というものでしょうね。
キハ40は先月末まででしたか。そういう動向には疎いのですが、虫の知らせか、撮っておいて良かったなあと思いますね。
[ 2015/07/20 23:34 ] [ 編集 ]

:風太郎様

あまりの美麗さに言葉を失う程です
暫し見とれたあとにコメントを書いています
水面に反映している空 それを実際の空は写し込まなかったこと
それが とても良かったと思います
水面の部分の映り込みのスペースを広くして現実の世界は僅かなスペースとされています
素晴らしい写真芸術作品ですね
いつまでも拝見していたい作品です
憧れ写真ですね
[ 2015/07/21 05:44 ] [ 編集 ]

東海ヨンマル

風太郎さま

コイツだけを撮りに行くにはちと非効率で、

とうとう幻の東海色になっちまいました。
家族旅行中でも鉄を怠らない姿勢に脱帽です(笑)
[ 2015/07/21 12:26 ] [ 編集 ]

実物と映し絵


りらさま

いつも身に余るお言葉、有難うございます。
実物と映し絵を対称に並べた「逆さ富士写真」も良く見かけますが、
きれいなものを上下に並べてもかえって印象が弱くなるように思います。
「実物」は見る人の想像に任せようかという狙いです。
[ 2015/07/21 20:49 ] [ 編集 ]

シロヨンマル


狂電関人さま

白っぽい塗装は好きでありませんが、この時は潰れたら困るので塗装に救われた感じですね。
露出差が大きいので現場ではギリギリまで悩みましたね。

下呂温泉の朝食に間に合うように帰るのは結構難儀なんですよ。
[ 2015/07/21 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/968-203aea89