中欧翳翳   BUDAPEST   3

europe201508_2492take1b.jpg

    ブダペスト  ドナウ河畔      2015年8月






夏のヨーロッパはなかなか夜が来ない。

時計が9時にも迫ろう頃、ようやく暗くなったドナウ川の両岸は絢爛なライトアップに彩られる。

時を重ねた石造り建築が纏う光と翳。


有名な「くさり橋」よりも繊細な鉄の造形が美しい、「フェレンツ・ヨージェフ橋」に惹かれる。

1945年、ブダペストは独ソ両軍の激戦地となり、敗走するドイツ軍は無警告のままこの橋を爆破、避難民と共にドナウに沈む。

1947年に再建、背後のゲッレールトの丘には解放者たるソ連が建てた、自由の女神像。









europe201508_2486take1b.jpg


europe201508_2459take1b.jpg


europe201508_2471b.jpg





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/09/01 20:36 ] 海外写真 | TB(0) | CM(2)

ちなみに・・・

風太郎さま

この辺の近代の状況はよく知らなくて、
ちなみに大戦の激戦地になってこれらの石の建物たちは当然無傷というわけにはいかず
戦後修復されたのでしょうね?!
[ 2015/09/02 20:54 ] [ 編集 ]

修復


狂電関人さま

非常に目立つドナウ川沿いに残っている建物が多いので、古都を謳えるようですが、
やっぱりかなりの部分が破壊された町なのだろうと思います。
残った建物や落とされた橋をを修復する執念も凄いですが、意図的に残されたのか、弾痕も凄い場所があります。
[ 2015/09/02 22:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/989-9478e086