凍夜Ⅲ

ottoineppueki1.jpg
  宗谷本線  音威子府   2010年


村に初めて汽車がやってきたのは大正元年。

以来鉄道はこの地を拓く人々の命をつなぎ、文化を運んだ。

百年の時間を見続けた駅は今日も吹雪の中に佇む。


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
 
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2011/12/16 23:01 ] 音威子府 | TB(0) | CM(2)

青一色の

風太郎さま

ブルーに信号の赤、ホームの灯りの黄と静寂かつ
幻想的な美しい写真です。
[ 2011/12/17 14:57 ] [ 編集 ]

銀塩

この写真は645判のポジで撮ったものです。
しんしんと雪が降る中を長時間露光で撮ったので
ナチュラルなソフトフォーカスになりました。

階調のつながりがいいように見えるのは、
銀塩だからなのか、ソフトフォーカスのおかげなのか、
どっちだろと思っています。
[ 2011/12/17 19:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/99-b49b4f7f