中欧翳翳   PRAHA   1

europe201508_2594take1カレル橋b

    チェコ共和国  プラハ       2015年8月







ストラホフ修道院の建つ丘に立てば、「百塔の都」が眼下に広がる。

中世から変わらぬ街並みがこれ程の規模で残るのは、ヨーロッパ広しとはいえ他に例を見ないだろう。

第二次大戦で灰燼に帰した古都は多い。ドイツの侵攻に徹底抗戦の末、完全に破壊されたワルシャワを例えるまでも無く。

「チェコの人間はしたたかでしなやかだ。ヒトラーもスターリンも風のままにやり過ごす。故にプラハは守られた。」








europe201508_2622take1ストラホフ修道院上よりb


europe201508_2557take1b.jpg


europe201508_2663take1聖ミクラーシュ教会b


europe201508_2688take1b.jpg




HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/09/02 22:05 ] 海外写真 | TB(0) | CM(2)

中欧

こんばんは。

私のイメージでは、中欧はすべて昔ながらの風情がそのまま残っている感じがしたのですが、
そういう訳でもないのですね。でも、日本とは明らかに違う(むしろ真逆)空気感が
とてもお写真達に感じられます。鉄的にいうと、この街並にトラムが縦横無尽に走っていて
ナローの蒸気も走っているとうい感じです。この先のお写真、楽しみだなぁ・・・

アオシマDD、進んでおりますか?
[ 2015/09/02 22:46 ] [ 編集 ]

旧市街

いぬばしりさま

こういう街は新市街と旧市街に分かれていて、いろいろ古いものが残っているのは旧市街です。
これでも120万の人口を抱える大都会ですからね。
新市街で街の発展に対応しつつ、古いものと共存させているのは巧みだなあと思いますね。

トラムは縦横無尽です。これがまた街に自然に溶け込んでいるのです。
それはまた後々出て来ますよ。

DDは・・・全く手付かずです。何処かで一念発起しないと。
[ 2015/09/02 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/990-0188003e