中欧翳翳   中欧麦酒事情

europe201508_2888take1b.jpg




少し脱線。

ビールといえばドイツを連想するが、どっこい国民一人あたりの消費量世界一はチェコ。(写真のは実はオーストリアビールだが)

ビール党の風太郎としては気になるところだ。

彼の地は日本のように大メーカーのマスプロ生産とは異なる地ビールの類が多いのだが、

特徴は軽い飲み口が主流な事で、端的に言えば「キレはあるけどコクがない。」

「水で薄めた感じ」まで言うと不味そうだが、どちらかというとキレを重視する風太郎の口には合う。

それより何より特筆されるのはその安さだ。

13年前のプラハで地元民しか行かないような居酒屋で飲んだら、いわゆる「中生」一杯が日本円で100円位。

税金の問題や当時の物価、レート等も絡んでいるのだろうが、ビール好きにとっては天国のような国に思えたもの。

今回も喉を鳴らしつつ、というところだったのだが、一杯250円位か。

さすがに社会主義が遠くなるにつれ物価も上がったらしいが、それでも安い。ちなみにコーラの類はこの倍近くする。

水代わりに昼からくらう地元民を真似て杯を重ねれば、プラハの迷宮はますます迷い道に。






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/09/10 22:46 ] 海外写真 | TB(0) | CM(2)

ピルスナー

風太郎さま

確か電関人のつたない知識によれば、ピルスナーの母国はチェコだったかと。。。
最近の日本では、濃い北欧系が高級Bの主流になっていて、
ちょっとあっさり志向のオジさんにはピルスナーがぴったし!
[ 2015/09/13 10:03 ] [ 編集 ]

あっさり系


狂電関人さま

ゴクゴク流し込むのがビールの粋というものです。あっさり系の良さをを再認識しました。
でもビール腹が。秋になったら凹むか!?
[ 2015/09/14 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/999-c1fc5580