紅いフライキ

kominato20130412_242take1b.jpg

  小湊鉄道 里見  2013年







のたりのたりと午後の駅。

紅いフライキにもトップライトが降ってくる。













01548b.jpg



有楽町の富士フイルムで米屋こうじさんの写真展「鉄道幻風景」を見る。

90年代からアジアンレイルウェイを撮り続けている先達だし、その良さは自分自身がアジアを体感してこそ理解出来るようになった気がする。

ミャンマーはちょっとニヤリだが、スリランカの大ループやバングラディシュの人間ピラミッド列車には改めて仰天だ。

タイトルの写真も凄いが群衆の海に二本の列車が浮かんだような駅構内、隣の線路の客車の屋根に飛び移ろうと宙に浮いている男の写真は必見。

「着地点」の客車の屋根だって人で埋まってるし、そこはツルツルはもちろん相当な高さがある。 足の下は群衆で、この男の次の運命やいかに。

写真の寄りと引きの組み合わせが絶妙だなあと感心。ボクサーならヒット&アウェイ、ピッチャーなら内外角の揺さぶりというところ。

幸い米屋こうじさんも在廊していたので、いやいやあ、ご近所で撮ってますなあと風太郎写真展のハガキも渡してきた。

「これは・・・行きますよお!」と仰って頂いたのでお待ち申し上げます。


もともとこの写真展、3月末に開催の予定がコロナ禍で延期されていたもの。

ご本人のブログによれば4ヶ月ぶりに陽の目を見た写真達に感無量と。 他人事とは思えない。

重苦しく閉塞したようなこの状況下、敢えて「写真を鑑賞する」場を守っているギャラリーと作家達に共感のエールを贈りたい。

8月24日まで。





_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  木曜休館

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 

※ハガキでは営業時間が10~18時となっていますが、現在のところ11~18時に短縮営業中です。


なお、ギャラリートークならぬ「作品解説」を下記の日程で実施する事になりました。 写真に写らないよもやま話を語ろうと思っています。

(東京)  ①8月29日(土) 14~15時    ②9月5日(土) 14~15時

(大阪)  9月19日(土) 14~15時
      


恐縮ですがオリンパスのユーザークラブ「フォトパス」会員のみ、事前予約が必要な先着10名限定です。

但しユーザーではなくとも会費無料の「ゲスト会員」登録する事により予約出来ます。

一度風太郎のツラが見たいという方、お待ちしております。

「フォトパス」会員登録、「作品解説」の予約、写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/07/31 20:27 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

写真展メイキング ④  240m

_DSC3867b.jpg







プリントはほぼ終了、パネル貼りも90%以上は完了した。

膨大な作業に鑑み、6月半ばから始めていたのが効を奏して何とか目鼻が付きつつある。

パネル加工は基本的に裁ち落としのためカッターによる裁断がまた難儀であり、ここで失敗したら一からやり直しだから緊張する。

A0プリント18枚、A1プリント45枚、A2プリント8枚、その他もろもろに対してカッターを走らせる総距離を計算してみたら何と240m。

指先に「カッターダコ」が出来る訳です。 また暑い盛りに下を向いて作業しているものだから汗がポタリでドッキリとか。

外注などしようものなら一枚当たり万を軽く超えるお値段になるはずだから、貧者はこうして汗を流すのです。








_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  木曜休館

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 

※ハガキでは営業時間が10~18時となっていますが、現在のところ11~18時に短縮営業中です。


なお、ギャラリートークならぬ「作品解説」を下記の日程で実施する事になりました。 写真に写らないよもやま話を語ろうと思っています。

(東京)  ①8月29日(土) 14~15時    ②9月5日(土) 14~15時

(大阪)  9月19日(土) 14~15時
      


恐縮ですがオリンパスのユーザークラブ「フォトパス」会員のみ、事前予約が必要な先着10名限定です。

但しユーザーではなくとも会費無料の「ゲスト会員」登録する事により予約出来ます。

一度風太郎のツラが見たいという方、お待ちしております。

「フォトパス」会員登録、「作品解説」の予約、写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/07/29 20:14 ] 写真展 | TB(0) | CM(2)

灯る頃

oigawa201307_282take1b.jpg

  大井川鐡道 田野口  2013年








ふと振り返った先にいつの間にか明かりが灯る。

それは夜の始まりの合図であり、帰る場所の無い旅空の寂寥がそっと忍び寄る時間でもあり。








_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  木曜休館

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 



ギャラリートークならぬ「作品解説」を下記の日程で実施する事になりました。 写真に写らないよもやま話を語ろうと思っています。

(東京)  ①8月29日(土) 14~15時    ②9月5日(土) 14~15時

(大阪)  9月19日(土) 14~15時
   

恐縮ですがオリンパスのユーザークラブ「フォトパス」会員のみ、事前予約が必要な先着10名限定です。

但しユーザーではなくとも会費無料の「ゲスト会員」登録する事により予約出来ます。

「作品解説」の予約、写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド


一度風太郎のツラが見たいという方、お待ちしております。





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/07/27 20:49 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

御神体

_DSC3872_00001b.jpg





歴戦のプロ機材のいただきものだ。

ニコンF2用のモータードライブMD1とバッテリーMB1。

電池は単3を10本も使用、以前戯れに中古で買ったF2ボディに装着すれば全重量はレンズ無しでも1800gオーバー、

最近のD6とかだってデカイ重いが、それをも軽く凌駕する圧倒的な存在感は「御神体」と手を合わせるに相応しい。

背には何やら意味不明なレバー類やらツマミ類やらが並んでいるが、当時のマニュアルをネットにUPしてくれる人もいるから助かる。





_DSC3879b.jpg





左からフィルム室裏蓋開放レバー、これを起こして左に60度。その右は自動巻き戻しレバー。

真ん中のツマミは秒間コマ数の設定で、秒1コマ~4コマ (ニッカド電池使用なら最速5コマ)。

緑色の数字はそのコマ数設定で撮影可能な最も遅いシャッタスピードを表している。

その右はフィルム残枚数を表示するカウンターとリセットレバー。

全てをカメラが勝手にやってくれるほど親切じゃ無いのだ。






_DSC3884b.jpg





装着に当たってはボディ底部のフィルム室底蓋を外して給送部に噛ませる。

遮光性は大丈夫なのかと思うが、そこは精度の高い加工が担保しているのだろう。

当然ながらフィルムを装填したままモードラを外したら一瞬で感光してオシャカである。 プロはそんなドジは踏まぬものを前提としている。

F2ボディの底板には「裏シャッターボタン」があって、モードラ側の小さな突起が連写コマ数に準じたピストン運動をして裏シャッターを押し上げる仕組みだ。

バッテリー収納部は仏壇ならぬ観音開きが御神体らしくて良し。





_DSC3881b.jpg





電池を10本突っ込んでレリーズすると「バシッ、ギューン、バコッ」と凄まじい作動音だ。

昨今の電子部品の塊のようなカメラの、風のような高速連写に慣れた身には異次元の感触。

全てがプリミティブかつ精巧な「機械仕掛け」である。

ライカとかの見様見真似から始まったのだろうが、日本人が練り上げ世界シェアのほとんどを押さえた「カメラ工業」。

カチリカチリと感触で信頼させる金属部品、無機質だが機能に徹したデザインは「用の美」に通じる。

スマホなんぞ太刀打ちできないその伝統技術の蓄積と、出て来る写真のクオリティを多くの人に分かって欲しいと思う。

しかし昨今跳ね上がった銀塩写真コストにあって、10秒足らずでフィルム1本が弾切れになってしまうのは痛過ぎる。

よってあくまで「御神体」として奉るに留めようと思う。





_DSC3876b.jpg





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

©2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/07/25 20:07 ] 写真道具 | TB(0) | CM(8)

終端

kominata20120609_088上総鶴舞take1b

  小湊鉄道 上総鶴舞  2012年







幼い頃。

何処までも伸びる線路に終わりがあるとは想像すら出来なかったから、

実際には終わりがあって車止めなる物体が鎮座しているのを初めて見た時はしばし見入った記憶がある。


朽ちるまま途切れたレールに触れてみる。

雨に濡れた鉄が、微かに匂う。








HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/07/23 21:47 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(2)